ホーム / イベント / YII – The Year in Infrastructure / YII – Year in Infrastructure 2022

YII – Year in Infrastructure 2022

Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsのロゴ

2022 Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awards

注目の各ブレイクアウトセッションをオンデマンドで今すぐご覧ください。

Bentleyと業界エキスパートの視点

エグゼクティブのインサイトを見る

Bentleyのエグゼクティブたちがインフラストラクチャにおけるデジタル化推進に関する見識を皆様と共有し、技術革新とBentleyアプリケーションに関する最新の情報をご提供いたします。

ブレイクアウトセッションを視聴

ブレイクアウトセッション

SEEQUENT 

地下の隠された世界には複雑な経済、環境、人道的な困難を解決する答えが隠されているかもしれない。

ブレイクアウトセッション

BENTLEY RESEARCH

必要不可欠な研究 - インクルージョン、影響を受けやすいもの、そして生活の質を向上させるもの

ブレイクアウトセッション

Cohesive 

あなたのデジタルツインから真の価値を見出し提供する – Cohesiveがビジネス、資産、世界に革新的な成果をもたらす方法

受賞者とファイナリストの皆様、おめでとうございます。

Going Digital Awards in Infrastructureプログラムは、Bentleyユーザーの皆様の特に優秀なプロジェクトを表彰するためのものです。

Going Digital Awards in Infrastructureは、イノベーションを促進し、エンジニアリング、設計、建設、運用、およびプロジェクトデリバリのベストプラクティスを実装するためにユーザーが行った卓越した貢献を示しています。

  • 全体セッションの登壇者
  • 全体セッションの登壇者

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsの全体セッションの登壇者

    Greg Bentley

    セッション: 全体

    Bentley Systems、最高経営責任者

    Greg Bentleyは、1991年に4人の兄弟とともにBentley Systemsに入社しました。それ以前は、金融取引ソフトウェア会社を設立し、S&P500企業であるSunGard Data Systems, Inc.において1991年から2005年まで同社の取締役の1人でした。

    Greg Bentleyは、ウォートンで金融と意思決定科学のMBAを取得しました。ドレクセル大学の理事であり、ペノーニ・オナーズ・カレッジの諮問委員会の委員長も務めているほか、国立建築博物館の評議員も務めています。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsの全体セッションの登壇者

    Keith Bentley

    セッション: 全体

    Bentley Systems、創設者および最高技術責任者

    Keith Bentleyは、Bentley Systemsの創設者の1人であり、最高技術責任者(CTO)です。同社の技術的方向性の主要な設計者であり、Bentleyの創業以来、取締役および執行役員を務めています。 

    Keith Bentleyは、1995年まで社長、2000年までCEOを務めました。デラウェア大学で電気工学の学士号を、フロリダ大学で電気工学の修士号を取得しています。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsの全体セッションの登壇者

    Nicholas Cumins

    セッション: 全体

    Bentley Systems、最高執行責任者

    Bentley Systemsの最高製品責任者。製品開発、Go-To-Market、オペレーションを担当しています。20年以上にわたり、複数のソフトウェア業界の既存企業およびスタートアップ企業で製品責任者を務める。

    Bentleyへの入社前は、包括的なマーケティングオートメーションプラットフォームであるSAP Marketing Cloudの統括マネージャを務めた。また、バルセロナを拠点とするオンライン投票プラットフォームScytlの最高製品責任者、ロサンゼルスを拠点とする運用型広告の草分けOpenXの製品担当シニアバイスプレジデントを歴任した。OpenX以前はSAPにて、米国、ドイツ、フランスを拠点に製品管理、企業戦略、ビジネス開発など、さまざまな上級職に従事。パリ第2パンテオン・アサス大学にて法学および経営学の修士号を取得。

  • ゲスト講演者
  • ゲスト講演者

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsのゲスト講演者

    Geraint Burrows氏

    セッション: Seequent

    Groundwater Relief、最高経営責任者

    Geraint Borrows氏は水文地質学者であり、水・衛生・保健(WASH)エンジニアです。探査地質学者としてキャリアをスタートし、その後、国際救済委員会の人道支援セクターである国境なき医師団(Médecins Sans Frontières)とOxfamで勤務していました。

    バーミンガム大学で水文地質学の1級修士号を取得し、水文地質学者として英国環境庁に勤務しました。2012年、民間、公共、学界の地下水に関する専門知識を援助、開発部門と結び付けるため、Groundwater Reliefを設立しました。2016年からは、Groundwater Reliefの最高経営責任者としてフルタイムで働いています。アフリカとアジアで小規模から大規模の地下水供給プロジェクトを開発および管理した経験を持ちます。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsのゲスト講演者

    Andrius Jurelionis博士

    セッション: Bentley Research

    カウナス工科大学土木エンジニアリングおよび建築学部長

    Andrius Jurelionis氏は室内環境品質、エネルギー性能、建築資産の持続的な管理、エンジニアリング教育の方法論に関する学術研究において20年の経験があります。 

    最近では、大学と企業のパートナーシップや共同イノベーション、特に建設のデジタル化、デジタルツイン、ライフサイクルアプローチに関連した研究に力を入れています。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsのゲスト講演者

    Kieran Mahon氏

    セッション: Bentley Research

    ダブリンシティ大学、Smart DCUプロジェクトファシリテータ

    Kieran Mahon氏は、ダブリン市立大学(DCU)とスマートダブリンのイニシアチブである「スマートDCU」のスマートDCUプロジェクトファシリテータです。全体的なスマートダブリンのイニシアチブの傘下で、大学のキャンパスにスマートシティのテストベッドを展開する責任者でもあります。

    以前はVodafoneにて、人工知能の活用と予測分析の開発を先駆的に行ってきました。さらに以前は、アイルランド政府によるマルチメディアの「先端技術プログラム」でテクニカルディレクタを務めていました。

  • Bentleyの登壇者
  • Bentleyの登壇者

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

    Nabil Abou-Rahme

    セッション: Bentley Research

    Bentley Systems、グローバルリサーチ責任者

    Nabil Abou-Rahme博士は、Bentley Researchを率い、予見、研究パートナーシップ、共同革新プロジェクト、およびプロトタイプインキュベーションを含む「Horizon 3」ポートフォリオを率いています。

    Abou-Rahme博士は、世界的なコンサルタント会社であるMott MacDonaldから2019年にBentleyに入社し、スマートインフラストラクチャ部門の責任者とデータサイエンスのグローバルプラクティスリーダーとして、デジタル変革に注力していました。同博士は、インペリアル・カレッジ・ロンドンで土木工学の学士号を、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで知的交通システムの修士号を、サウサンプトン大学で博士号を取得し、約30年の経験を持つ公認技術者です。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

    David Armstrong

    セッション: Cohesive

    Cohesive、コンサルティング担当ディレクタ

    David Armstrongは、Bentley Systemsの100%出資で独立運営されているデジタルインテグレータビジネスユニットであるCohesiveのアドバイザリーサービス担当ディレクタです。

    25年以上にわたり、運用と信頼性の向上、投資とエンジニア・調達・建設、企業構成管理、アセットパフォーマンス管理の分野で、資産所有者と運営者が大きな成果を上げるための支援を行っています。Davidはフェニックス大学でエンタープライズコンフィギュレーションマネジメントの修士号を取得しています。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

    Mark Bew

    セッション: Cohesive

    Cohesive、最高経営責任者

    Mark Bewは、Bentley Systemsの100%出資で独立運営されているデジタルインテグレータ事業部門であるCohesiveのCEOです。

    彼は、Bentley Systemsの一連の投資買収を通じて、業界をリードするアプリケーションと最先端のBentley iTwinテクノロジを使用して、オーナーオペレータやサプライチェーンに高いパフォーマンスの結果を提供することに焦点を当てた新しいシステムインテグレータを設立するために、事業の発展をリードしてきました。Markには、過去40年間にわたり、エンジニアリングおよび建設部門において、人材、プロセス、およびテクノロジ主導のビジネス変革プログラムを成功させてきた実績があります。公認技術者であり、建築環境を通じた社会的成果のデジタル予測に関する博士号を取得しています。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

    Mike Campbell

    セッション: 全体

    Bentley Systems、最高製品責任者

    Michael Campbellは、Bentleyの最高製品責任者です。PTC Inc.を経て、2022年にBentleyに入社しました。

    彼は、Bentleyの製品戦略を定義し、インフラストラクチャエンジニアリングソフトウェアにおける同社のリーダーシップを推進するための製品開発を管理する責任を担っています。Bentley入社以前は、製品開発、製品戦略、およびソフトウェアビジネス全体を管理するさまざまな役職を歴任してきました。ボストン大学で機械工学の理学士号を取得しています。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

    Santanu Das

    セッション: Bentley Acceleration Initiatives

    Bentley Systems、最高アクセラレーション責任者

    Bentley Systemsの最高アクセラレーション責任者として、企業買収、投資、新規スタートアップ事業に関する企業戦略を管理している。

    2005年、Research Engineersの企業買収後にBentley Systemsに入社。Bentleyにおけるこれまでの役職は、設計統合担当バイスプレジデント、設計およびシミュレーション担当バイスプレジデント、構造およびビル担当バイスプレジデント。南カリフォルニア大学で土木工学の学士号を、マサチューセッツ工科大学で土木工学の修士号を取得。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

    Rodrigo Fernandes

    セッション: 全体

    Bentley Systems、ES(D)G担当ディレクタ

    Rodrigo Fernandesは、Bentley SystemsのES(D)G(持続可能な開発目標の推進)のディレクタとして、同社のサステナビリティイニシアチブをリードしています。

    Rodrigoは、持続可能性の文化を提唱し、Bentleyのソフトウェアおよびサービスを通じて持続可能な開発目標を支援して、Bentleyの環境ハンドプリントを伝道しています。欧州気候協定大使でもあり、欧州委員会およびポルトガル海洋省(DGPM)の外部専門家として活動しています。

    Bentleyでは、Rodrigoは以前、水インフラチームのシニアコンサルタントおよびプロジェクトマネージャとして勤務し、その後、アクセラレーションチームおよびデジタルシティの事業開発/環境産業専門家として勤務していました。2017年にAction Modulersの水ビジネスユニットの買収に伴いBentleyに入社、それ以前はリスボン大学海洋・環境・技術センター(MARETEC)の研究員を務めていました。環境工学の博士号を持ち、水資源や環境安全問題のモデリングに関する欧州のイノベーションプロジェクトを20以上設計・管理してきました。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

    Jo Knight

    セッション: Seequent

    Seequent、最高顧客責任者

    Jo Knightは、複数の部門、地域、グローバルチームを戦略的にリードし、カスタマジャーニーのあらゆるタッチポイントで最高の体験を設計、提供します。 

    彼女は、FTSEやNASDAQの世界的な組織を含む公共と民間の両方で、マーケティング、セールス、コンサルティングの分野で20年以上の経験を積んでいます。平等と多様性の熱烈な支持者であるJoは、2020年にSeequentの盛んな女性リーダーシップサークルを共同設立し、現在では200人以上のメンバーを数えています。Joは、英国バーミンガムのアストン大学でフランス語とドイツ語を含む国際ビジネスの理学士号を取得し、さまざまなイニシアチブ(英国)のメンターとしてボランティアを行っています。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

    Katriona Lord-Levins

    セッション: 全体

    Bentley Systems、最高成功責任者

    Katriona Lord-Levinsは、Bentleyの最高成功責任者兼SVPです。ユーザーのビジネスニーズを満たし、ロイヤリティを高め、Bentleyが選ばれるソリューションとなるよう努力するユーザーサクセスチームのリーダーを務めています。 

    Bentleyに入社する前は、Autodeskで20年にわたり複数の役職を担い、直近では、建設部門のカスタマーサクセスチームの構築・統率に注力。Autodesk以前は、トロントを拠点とするハイエンドの3DグラフィックスソフトウェアメーカーのAlias Researchに勤務していた。トロント大学でコンピュータサイエンスの学位を取得。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

    Julien Moutte

    セッション: 全体

    Bentley Systems、技術担当副社長

    Julien Moutteは、2021年に製品アドバンスメントグループの技術担当副社長としてBentley Systemsに入社しました。 

    それ以前は、SAPでマーケティングクラウドのアーキテクチャとテクノロジの責任者として、同社のソフトウェアを真のクラウドサービスへと転換させる役割を担っていました。また、Moutteは複数のソフトウェア企業を設立し、CTOまたはCEOとして他のテクノロジ企業数社にコンサルティングを提供しました。オープンソースコミュニティへの積極的な貢献者であり、情熱的なソフトウェアエンジニアでもあります。スペインのバルセロナを拠点に活動しています。

    The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

    David Robertson

    セッション: Bentley Research

    Bentley Systems、大学パートナーシップ担当ディレクタ

    David Robertsonは、1994年にOpti Interconsultの買収に伴いBentleyに入社し、副社長としてドキュメントとアセットマネジメントを中心に担当しました。 

    Davidは、Bentleyの研究グループにおいて、大学とのパートナーシップを主導しています。これまでの職務には、フィンランドのProjectWiseのBentley製品開発チームのリーダーシップ、および変電所設計と施設管理のその他の技術リーダーシップが含まれます。最近では、ロンドン、ヒューストン、ドバイ、およびインドのプネーでの主要プロジェクトにおいて、産業界および学術界と提携したBentleyのグローバルアカデミープログラムの陣頭指揮を執りました。Davidは、オックスフォード大学建築学部で学士号と大学院ディプロマを取得し、英国の王立英国建築家協会の会員です。

    フィーチャー画像 スクエア画像 プレースホルダー 600X600

    Jo Knight

    ここに見出しのテキストを追加

    ここに見出しのテキストを追加

    Greg Bentleyは、1991年に4人の兄弟とともにBentley Systemsに入社しました。それ以前は、金融取引ソフトウェア会社を設立し、S&P500企業であるSunGard Data Systems, Inc.において1991年から2005年まで同社の取締役の1人でした。 

    Bentleyは、ウォートンで金融と意思決定科学のMBAを取得しました。ドレクセル大学の理事であり、ペノーニ・オナーズ・カレッジの諮問委員会の委員長も務めているほか、国立建築博物館の評議員も務めています。

    フィーチャー画像 スクエア画像 プレースホルダー 600X600

    Katriona Lord-Levins

    ここに見出しのテキストを追加

    ここに見出しのテキストを追加

    Greg Bentleyは、1991年に4人の兄弟とともにBentley Systemsに入社しました。それ以前は、金融取引ソフトウェア会社を設立し、S&P500企業であるSunGard Data Systems, Inc.において1991年から2005年まで同社の取締役の1人でした。 

    Bentleyは、ウォートンで金融と意思決定科学のMBAを取得しました。ドレクセル大学の理事であり、ペノーニ・オナーズ・カレッジの諮問委員会の委員長も務めているほか、国立建築博物館の評議員も務めています。

全体セッションの登壇者

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsの全体セッションの登壇者

Greg Bentley

セッション: 全体

Bentley Systems、最高経営責任者

Greg Bentleyは、1991年に4人の兄弟とともにBentley Systemsに入社しました。それ以前は、金融取引ソフトウェア会社を設立し、S&P500企業であるSunGard Data Systems, Inc.において1991年から2005年まで同社の取締役の1人でした。

Greg Bentleyは、ウォートンで金融と意思決定科学のMBAを取得しました。ドレクセル大学の理事であり、ペノーニ・オナーズ・カレッジの諮問委員会の委員長も務めているほか、国立建築博物館の評議員も務めています。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsの全体セッションの登壇者

Keith Bentley

セッション: 全体

Bentley Systems、創設者および最高技術責任者

Keith Bentleyは、Bentley Systemsの創設者の1人であり、最高技術責任者(CTO)です。同社の技術的方向性の主要な設計者であり、Bentleyの創業以来、取締役および執行役員を務めています。 

Keith Bentleyは、1995年まで社長、2000年までCEOを務めました。デラウェア大学で電気工学の学士号を、フロリダ大学で電気工学の修士号を取得しています。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsの全体セッションの登壇者

Nicholas Cumins

セッション: 全体

Bentley Systems、最高執行責任者

Bentley Systemsの最高製品責任者。製品開発、Go-To-Market、オペレーションを担当しています。20年以上にわたり、複数のソフトウェア業界の既存企業およびスタートアップ企業で製品責任者を務める。

Bentleyへの入社前は、包括的なマーケティングオートメーションプラットフォームであるSAP Marketing Cloudの統括マネージャを務めた。また、バルセロナを拠点とするオンライン投票プラットフォームScytlの最高製品責任者、ロサンゼルスを拠点とする運用型広告の草分けOpenXの製品担当シニアバイスプレジデントを歴任した。OpenX以前はSAPにて、米国、ドイツ、フランスを拠点に製品管理、企業戦略、ビジネス開発など、さまざまな上級職に従事。パリ第2パンテオン・アサス大学にて法学および経営学の修士号を取得。

ゲスト講演者

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsのゲスト講演者

Geraint Burrows氏

セッション: Seequent

Groundwater Relief、最高経営責任者

Geraint Borrows氏は水文地質学者であり、水・衛生・保健(WASH)エンジニアです。探査地質学者としてキャリアをスタートし、その後、国際救済委員会の人道支援セクターである国境なき医師団(Médecins Sans Frontières)とOxfamで勤務していました。

バーミンガム大学で水文地質学の1級修士号を取得し、水文地質学者として英国環境庁に勤務しました。2012年、民間、公共、学界の地下水に関する専門知識を援助、開発部門と結び付けるため、Groundwater Reliefを設立しました。2016年からは、Groundwater Reliefの最高経営責任者としてフルタイムで働いています。アフリカとアジアで小規模から大規模の地下水供給プロジェクトを開発および管理した経験を持ちます。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsのゲスト講演者

Andrius Jurelionis博士

セッション: Bentley Research

カウナス工科大学土木エンジニアリングおよび建築学部長

Andrius Jurelionis氏は室内環境品質、エネルギー性能、建築資産の持続的な管理、エンジニアリング教育の方法論に関する学術研究において20年の経験があります。 

最近では、大学と企業のパートナーシップや共同イノベーション、特に建設のデジタル化、デジタルツイン、ライフサイクルアプローチに関連した研究に力を入れています。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsのゲスト講演者

Kieran Mahon氏

セッション: Bentley Research

ダブリンシティ大学、Smart DCUプロジェクトファシリテータ

Kieran Mahon氏は、ダブリン市立大学(DCU)とスマートダブリンのイニシアチブである「スマートDCU」のスマートDCUプロジェクトファシリテータです。全体的なスマートダブリンのイニシアチブの傘下で、大学のキャンパスにスマートシティのテストベッドを展開する責任者でもあります。

以前はVodafoneにて、人工知能の活用と予測分析の開発を先駆的に行ってきました。さらに以前は、アイルランド政府によるマルチメディアの「先端技術プログラム」でテクニカルディレクタを務めていました。

Bentleyの登壇者

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

Nabil Abou-Rahme

セッション: Bentley Research

Bentley Systems、グローバルリサーチ責任者

Nabil Abou-Rahme博士は、Bentley Researchを率い、予見、研究パートナーシップ、共同革新プロジェクト、およびプロトタイプインキュベーションを含む「Horizon 3」ポートフォリオを率いています。

Abou-Rahme博士は、世界的なコンサルタント会社であるMott MacDonaldから2019年にBentleyに入社し、スマートインフラストラクチャ部門の責任者とデータサイエンスのグローバルプラクティスリーダーとして、デジタル変革に注力していました。同博士は、インペリアル・カレッジ・ロンドンで土木工学の学士号を、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで知的交通システムの修士号を、サウサンプトン大学で博士号を取得し、約30年の経験を持つ公認技術者です。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

David Armstrong

セッション: Cohesive

Cohesive、コンサルティング担当ディレクタ

David Armstrongは、Bentley Systemsの100%出資で独立運営されているデジタルインテグレータビジネスユニットであるCohesiveのアドバイザリーサービス担当ディレクタです。

25年以上にわたり、運用と信頼性の向上、投資とエンジニア・調達・建設、企業構成管理、アセットパフォーマンス管理の分野で、資産所有者と運営者が大きな成果を上げるための支援を行っています。Davidはフェニックス大学でエンタープライズコンフィギュレーションマネジメントの修士号を取得しています。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

Mark Bew

セッション: Cohesive

Cohesive、最高経営責任者

Mark Bewは、Bentley Systemsの100%出資で独立運営されているデジタルインテグレータ事業部門であるCohesiveのCEOです。

彼は、Bentley Systemsの一連の投資買収を通じて、業界をリードするアプリケーションと最先端のBentley iTwinテクノロジを使用して、オーナーオペレータやサプライチェーンに高いパフォーマンスの結果を提供することに焦点を当てた新しいシステムインテグレータを設立するために、事業の発展をリードしてきました。Markには、過去40年間にわたり、エンジニアリングおよび建設部門において、人材、プロセス、およびテクノロジ主導のビジネス変革プログラムを成功させてきた実績があります。公認技術者であり、建築環境を通じた社会的成果のデジタル予測に関する博士号を取得しています。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

Mike Campbell

セッション: 全体

Bentley Systems、最高製品責任者

Michael Campbellは、Bentleyの最高製品責任者です。PTC Inc.を経て、2022年にBentleyに入社しました。

彼は、Bentleyの製品戦略を定義し、インフラストラクチャエンジニアリングソフトウェアにおける同社のリーダーシップを推進するための製品開発を管理する責任を担っています。Bentley入社以前は、製品開発、製品戦略、およびソフトウェアビジネス全体を管理するさまざまな役職を歴任してきました。ボストン大学で機械工学の理学士号を取得しています。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

Santanu Das

セッション: Bentley Acceleration Initiatives

Bentley Systems、最高アクセラレーション責任者

Bentley Systemsの最高アクセラレーション責任者として、企業買収、投資、新規スタートアップ事業に関する企業戦略を管理している。

2005年、Research Engineersの企業買収後にBentley Systemsに入社。Bentleyにおけるこれまでの役職は、設計統合担当バイスプレジデント、設計およびシミュレーション担当バイスプレジデント、構造およびビル担当バイスプレジデント。南カリフォルニア大学で土木工学の学士号を、マサチューセッツ工科大学で土木工学の修士号を取得。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

Rodrigo Fernandes

セッション: 全体

Bentley Systems、ES(D)G担当ディレクタ

Rodrigo Fernandesは、Bentley SystemsのES(D)G(持続可能な開発目標の推進)のディレクタとして、同社のサステナビリティイニシアチブをリードしています。

Rodrigoは、持続可能性の文化を提唱し、Bentleyのソフトウェアおよびサービスを通じて持続可能な開発目標を支援して、Bentleyの環境ハンドプリントを伝道しています。欧州気候協定大使でもあり、欧州委員会およびポルトガル海洋省(DGPM)の外部専門家として活動しています。

Bentleyでは、Rodrigoは以前、水インフラチームのシニアコンサルタントおよびプロジェクトマネージャとして勤務し、その後、アクセラレーションチームおよびデジタルシティの事業開発/環境産業専門家として勤務していました。2017年にAction Modulersの水ビジネスユニットの買収に伴いBentleyに入社、それ以前はリスボン大学海洋・環境・技術センター(MARETEC)の研究員を務めていました。環境工学の博士号を持ち、水資源や環境安全問題のモデリングに関する欧州のイノベーションプロジェクトを20以上設計・管理してきました。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

Jo Knight

セッション: Seequent

Seequent、最高顧客責任者

Jo Knightは、複数の部門、地域、グローバルチームを戦略的にリードし、カスタマジャーニーのあらゆるタッチポイントで最高の体験を設計、提供します。 

彼女は、FTSEやNASDAQの世界的な組織を含む公共と民間の両方で、マーケティング、セールス、コンサルティングの分野で20年以上の経験を積んでいます。平等と多様性の熱烈な支持者であるJoは、2020年にSeequentの盛んな女性リーダーシップサークルを共同設立し、現在では200人以上のメンバーを数えています。Joは、英国バーミンガムのアストン大学でフランス語とドイツ語を含む国際ビジネスの理学士号を取得し、さまざまなイニシアチブ(英国)のメンターとしてボランティアを行っています。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

Katriona Lord-Levins

セッション: 全体

Bentley Systems、最高成功責任者

Katriona Lord-Levinsは、Bentleyの最高成功責任者兼SVPです。ユーザーのビジネスニーズを満たし、ロイヤリティを高め、Bentleyが選ばれるソリューションとなるよう努力するユーザーサクセスチームのリーダーを務めています。 

Bentleyに入社する前は、Autodeskで20年にわたり複数の役職を担い、直近では、建設部門のカスタマーサクセスチームの構築・統率に注力。Autodesk以前は、トロントを拠点とするハイエンドの3DグラフィックスソフトウェアメーカーのAlias Researchに勤務していた。トロント大学でコンピュータサイエンスの学位を取得。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

Julien Moutte

セッション: 全体

Bentley Systems、技術担当副社長

Julien Moutteは、2021年に製品アドバンスメントグループの技術担当副社長としてBentley Systemsに入社しました。 

それ以前は、SAPでマーケティングクラウドのアーキテクチャとテクノロジの責任者として、同社のソフトウェアを真のクラウドサービスへと転換させる役割を担っていました。また、Moutteは複数のソフトウェア企業を設立し、CTOまたはCEOとして他のテクノロジ企業数社にコンサルティングを提供しました。オープンソースコミュニティへの積極的な貢献者であり、情熱的なソフトウェアエンジニアでもあります。スペインのバルセロナを拠点に活動しています。

The Year in InfrastructureおよびGoing Digital AwardsのBentleyの登壇者

David Robertson

セッション: Bentley Research

Bentley Systems、大学パートナーシップ担当ディレクタ

David Robertsonは、1994年にOpti Interconsultの買収に伴いBentleyに入社し、副社長としてドキュメントとアセットマネジメントを中心に担当しました。 

Davidは、Bentleyの研究グループにおいて、大学とのパートナーシップを主導しています。これまでの職務には、フィンランドのProjectWiseのBentley製品開発チームのリーダーシップ、および変電所設計と施設管理のその他の技術リーダーシップが含まれます。最近では、ロンドン、ヒューストン、ドバイ、およびインドのプネーでの主要プロジェクトにおいて、産業界および学術界と提携したBentleyのグローバルアカデミープログラムの陣頭指揮を執りました。Davidは、オックスフォード大学建築学部で学士号と大学院ディプロマを取得し、英国の王立英国建築家協会の会員です。

フィーチャー画像 スクエア画像 プレースホルダー 600X600

Jo Knight

ここに見出しのテキストを追加

ここに見出しのテキストを追加

Greg Bentleyは、1991年に4人の兄弟とともにBentley Systemsに入社しました。それ以前は、金融取引ソフトウェア会社を設立し、S&P500企業であるSunGard Data Systems, Inc.において1991年から2005年まで同社の取締役の1人でした。 

Bentleyは、ウォートンで金融と意思決定科学のMBAを取得しました。ドレクセル大学の理事であり、ペノーニ・オナーズ・カレッジの諮問委員会の委員長も務めているほか、国立建築博物館の評議員も務めています。

フィーチャー画像 スクエア画像 プレースホルダー 600X600

Katriona Lord-Levins

ここに見出しのテキストを追加

ここに見出しのテキストを追加

Greg Bentleyは、1991年に4人の兄弟とともにBentley Systemsに入社しました。それ以前は、金融取引ソフトウェア会社を設立し、S&P500企業であるSunGard Data Systems, Inc.において1991年から2005年まで同社の取締役の1人でした。 

Bentleyは、ウォートンで金融と意思決定科学のMBAを取得しました。ドレクセル大学の理事であり、ペノーニ・オナーズ・カレッジの諮問委員会の委員長も務めているほか、国立建築博物館の評議員も務めています。

インフラストラクチャの提供とパフォーマンスの卓越性を称える

2024 Year in Infrastructure & Going Digital Awards

インフラ分野で最も権威のある賞にプロジェクトをノミネートしましょう! 応募期限は4月 29日です。