ホーム / Year in Infrastructure / 報道記事 2022年

報道記事 2022年

Year in InfrastructureおよびGoing Digital Awardsのロゴ

2022年バーチャルプレスキット

ニュースを共有:

#YII2022

バーチャルプレスキットでは、ファイナリストのプレゼンテーション、プレス向け発表、画像、ファイナリストと受賞者のプロジェクトに関する情報にアクセス
できます。

画像ギャラリー

ユーザー事例と記事

  • インドネシアの有望な観光地への給水を確保するメニンティンダムプロジェクト—続きを読む
  • カウナス市のデジタルツインにより、デジタルキャンパスのエコシステムが大学の壁を越えて拡大—続きを読む
  • カサネ温泉がボツワナの新たな地熱エネルギー源に—続きを読む
  • 英国の大手銀行の本社に見る、持続可能なオフィスの新たな基準—続きを読む
  • Arcadisが英国の鉄道網での汎用的な橋梁ソリューションの設計を自動化—続きを読む
  • フロリダ州運輸局が数量積算を自動化し、設計および改善プロジェクトのワークフローを標準化—続きを読む
  • グレートイースタン高速道路バイパスのインターチェンジにより、パース東部首都圏の安全性、接続性、移動時間を改善—続きを読む
  • Silo AIがフィンランドの水道および地域暖房システム事業者向けにスマートなデータ駆動型資産最適化サービスを試験運用—続きを読む
  • Foth、自然と人工物が融合したインフラストラクチャをより効果的に管理するため、アイオワ州の都市規模のデジタルツインを構築 — 続きを読む
  • Silo AI、データ解析を使用してフィンランドの配管ネットワークの水損失を削減し、エネルギー効率を改善 — 続きを読む
  • ボツワナ国際大学、アフリカの地熱エネルギー利用を目指し詳細な地盤工学解析を実施—続きを読む
  • カウナス工科大学、都市規模のデジタルツイン内で建物のエネルギー使用をリアルタイムで監視—続きを読む
  • Mott MacDonald、大規模な鉄道建設現場から移動する資材を削減し、カーボン使用量を大幅に削減—続きを読む
  • Ramboll India、ネットゼロ空港にサーキュラーデザインを採用し、効率的な水・エネルギー・材料の管理と洪水イベントの予防を両立—続きを読む

受賞者とファイナリストの皆様、おめでとうございます。

Going Digital Awards in Infrastructureプログラムは、Bentleyユーザーの皆様の特に優秀なプロジェクトを表彰するためのものです。

Going Digital Awards in Infrastructureは、イノベーションを促進し、エンジニアリング、設計、建設、運用、およびプロジェクトデリバリのベストプラクティスを実装するためにユーザーが行った卓越した貢献を示しています。

参考資料

2022 Infrastructure Yearbookを読む女性

Infrastructure Digital Yearbook 2022

Bentleyインフラストラクチャ上位500所有企業

Bentley Infrastructure 500

2021年アニュアルレポート

2021年アニュアルレポート

プレスリリース

ご質問がある場合や、コンテンツへのアクセスについて支援を必要とする場合は、通常ご連絡いただいている広報担当者または広報チームまでお問い合わせください。

ディレクタ、メディアリレーションズ
(米国、英国)

株式会社ベントレー・システムズ

電話: +1 203 805 0432
Eメール: [email protected]
Twitter: @christinebyrne

シニアマネージャ、メディアリレーションズ
(アジア、EMEA、LAOU)

マイケル・ロメロ

電話: +33 616 800 103
Eメール: [email protected]

Celebrate Infrastructure Delivery & Performance Excellence

2024 Year in Infrastructure & Going Digital Awards

Nominate a project for the most prestigious awards in infrastructure! Extended deadline to enter is April 29th.