ホーム / Orbit 3DM PublisherおよびOrbit 3DM Cloud

Orbit 3DM PublisherおよびOrbit 3DM Cloud

Orbitソフトウェアのロゴ、白

Orbit 3DM PublisherおよびOrbit 3DM Cloud

マッピングデータを公開および共有するためのソリューション

量的な制限なくリアリティデータを公開して共有

4Dデジタルコンテキストをローカルサーバーまたはクラウドからチームが利用できるようにすることで、生産性とコラボレーションが向上します。リアリティデータの信頼できる唯一の情報源を共有できます。  

  • リアリティデータの管理と共有
  • Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ

    リアリティデータの管理と共有

    個別のプロジェクトまたは組み合わせた一連のプロジェクトを共有

    複数のリアリティデータセットを同時に公開および共有し、取り込んだ多様なプロジェクトセットにインサイトを提供します。

    ユーザー権限を設定し、使用状況を監視

    事前定義された環境でコンテンツを公開するためのユーザー資格情報を管理します。ログインデータを簡単に表示し、使用状況を監視できます。

  • 公開と共有
  • Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ

    ユーザーのニーズに合わせた公開と共有

    オンライン共有を管理

    使いやすいコンソールを通じて、さまざまなリアリティデータリソース、ベースマップ、およびその他の参照リソースを、すぐに使用できるようにパブリケーションに配置できます。

    パブリケーションのプロパティを設定

    ソフトウェア環境でユーザー資格情報を管理し、コンテンツを公開できます。ログインデータの表示、Webページの構成、直接的なWebリンクの生成を簡単に行うことができます。

    パブリケーションをカスタマイズ

    メタデータの追加、ビューの組み立てとリソース提示形式の構成、使用可能な機能の指定を行うことで、ユーザーの正確なニーズに応えます。

  • データの表示、解析、抽出
  • Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ

    Webブラウザでのデータの表示、解析、抽出

    表示、測定、抽出

    共有データをWebブラウザに表示して、点、線、領域の測定、属性付け、抽出を迅速に行い、結果をダウンロードできます。

    時系列解析

    マッピングデータを時系列で組み合わせて比較し、タイムラプスの表示、データのスライス、相違点への注釈付けを行うことで、コラボレーションが促進されます。

    ユーザー間でビューを共有

    個人のビューと結果を保存し、関係者と共有すると、オンライン上の共有リアリティデータに基づいてコラボレーションできます。

  • 共有データの組み込み
  • Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ

    サードパーティソフトウェアへの共有データの組み込み

    データを共有し、サードパーティソフトウェアに組み込み

    標準のWebビューアを活用することも、APIやSDKを介してワークフローのプラグインを簡単に統合することもできます。または、利用可能ないずれかのサードパーティソフトウェアプラグイン(ArcMap、ArcGIS Online、ArcPro、MicroStation、QGISなど)を介して作業することもできます。

    ベクトルデータをオーバーレイし、測定結果をサードパーティソフトウェアに保存

    ローカルに保存されているファイルをOrbitプラグインでオーバーレイし、測定が完了したら、結果をコピーしてサードパーティソフトウェア環境に保存できます。

Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ

リアリティデータの管理と共有

個別のプロジェクトまたは組み合わせた一連のプロジェクトを共有

複数のリアリティデータセットを同時に公開および共有し、取り込んだ多様なプロジェクトセットにインサイトを提供します。

ユーザー権限を設定し、使用状況を監視

事前定義された環境でコンテンツを公開するためのユーザー資格情報を管理します。ログインデータを簡単に表示し、使用状況を監視できます。

Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ

ユーザーのニーズに合わせた公開と共有

オンライン共有を管理

使いやすいコンソールを通じて、さまざまなリアリティデータリソース、ベースマップ、およびその他の参照リソースを、すぐに使用できるようにパブリケーションに配置できます。

パブリケーションのプロパティを設定

ソフトウェア環境でユーザー資格情報を管理し、コンテンツを公開できます。ログインデータの表示、Webページの構成、直接的なWebリンクの生成を簡単に行うことができます。

パブリケーションをカスタマイズ

メタデータの追加、ビューの組み立てとリソース提示形式の構成、使用可能な機能の指定を行うことで、ユーザーの正確なニーズに応えます。

Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ

Webブラウザでのデータの表示、解析、抽出

表示、測定、抽出

共有データをWebブラウザに表示して、点、線、領域の測定、属性付け、抽出を迅速に行い、結果をダウンロードできます。

時系列解析

マッピングデータを時系列で組み合わせて比較し、タイムラプスの表示、データのスライス、相違点への注釈付けを行うことで、コラボレーションが促進されます。

ユーザー間でビューを共有

個人のビューと結果を保存し、関係者と共有すると、オンライン上の共有リアリティデータに基づいてコラボレーションできます。

Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ

サードパーティソフトウェアへの共有データの組み込み

データを共有し、サードパーティソフトウェアに組み込み

標準のWebビューアを活用することも、APIやSDKを介してワークフローのプラグインを簡単に統合することもできます。または、利用可能ないずれかのサードパーティソフトウェアプラグイン(ArcMap、ArcGIS Online、ArcPro、MicroStation、QGISなど)を介して作業することもできます。

ベクトルデータをオーバーレイし、測定結果をサードパーティソフトウェアに保存

ローカルに保存されているファイルをOrbitプラグインでオーバーレイし、測定が完了したら、結果をコピーしてサードパーティソフトウェア環境に保存できます。

Orbit 3DM Publisher の動画

動画を再生
Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ
Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ
Orbit 3DM Cloudソフトウェア画面のモックアップ

ユーザーの声

「Orbit環境を使用することで、MicroStation CADデータとともに異種データセットを1つのパブリケーションにマージでき、1か所でクライアントデータにアクセスできるようになりました」

— WGI、技術担当地域マネージャ、Sandor Laszlo氏

注目のユーザー事例

リアリティ/空間モデリングソフトウェアのリソース

ライセンスオプション

最適なプランを選んでください

サポート付きワンタイム購入

SELECT永久ライセンス

1回限りの購入で年間保守サブスクリプションが付属する、SELECTと呼ばれる永久ライセンスを提供します。この契約には、24時間365日の技術サポート、学習リソース、および年に一度の他のソフトウェアとのライセンス交換が含まれます。SELECTを利用することにより、以下のようなメリットが得られます。

  • ライセンスプールにより、複数のコンピュータからソフトウェアにアクセスできます。
  • 永久ライセンスを購入するための初期費用なしに、使用した分だけ支払うことができる期間ライセンスで、追加のBentleyソフトウェアにアクセスできます。

年間更新の見積もりは、お客様のメールに直接送付されます。経験豊富な担当者が、お客様の質問にお答えし、変更に関するご希望を対応します。

お問い合わせ

エンタープライズ組織

私たちはお客様を全力で応援します。

詳細な要件を持つ大規模な組織向けに、グローバルの価格設定と、包括的なソリューションポートフォリオおよびサクセスプランサービスへのアクセスを提供しています。ソフトウェア、グローバルの成功事例、導入サービス、トレーニング、テクニカルサポートを活用し、お客様独自のニーズに対応しながら、組織のポテンシャルを最大限に引き出す方法については、お問い合わせください。

お問い合わせ

リアリティデータを共有

Celebrate Infrastructure Delivery & Performance Excellence

2024 Year in Infrastructure & Going Digital Awards

Nominate a project for the most prestigious awards in infrastructure! Extended deadline to enter is April 29th.