ホーム / SYNCHRO
SYNCHROソフトウェアのロゴ、白

SYNCHRO

インフラストラクチャ施工管理ソフトウェア

より多くのプロジェクト受注。より優れた施工。収益の向上。

すべてのインフラストラクチャ施工を一元的に管理し、人員、資材、機器をより簡単に低コストで計画および管理できます。SYNCHROのデジタルソリューションは、現場からオフィスまで、建設プロジェクトの可視性、予測性、および生産性を高められるため、設計から入札前、プロジェクトの遂行、引き渡しに至るまで、プロジェクトを成功に導きます。

*価格は地域によって異なります。その他のオプションについては、「ライセンスとサブスクリプション」を参照してください。

  • SYNCHRO Field
  • SYNCHRO Fieldとは

    SYNCHRO Fieldは、地図、GeoPDF、2D CAD、3D/4Dモデルコンテキストなど、施工チームがコンテキスト内のデータにアクセスしてキャプチャできるモバイルソリューションです。チームは、プロジェクトの更新内容の入手、検査とRFIの処理、カスタムフォームの作成、問題のフラグ設定、モデルの進捗状況の確認を現場から直接、リアルタイムで簡単に行えます。SYNCHRO Fieldを使用することで、ワークフローの合理化、意思決定の簡素化、プロジェクトの確実な完了が実現します。

    SYNCHRO Fieldのビデオを見る

    • レポート作成プロセスを簡素化し、実質的に自動化。安全性やその他の問題を発生後すぐに報告可能
    • チームの足並みを揃え、全員がそれぞれ、自身がいつ何をすべきかを把握することが可能。タスクを監視し、RFIや日次ログの優先順位を決め、問題を迅速に解決
    • 作業員、機器、スケジュールに関する正確な計画を提供。気象や場所についての情報をプロジェクトデータに自動的にプッシュ
    • スマートフォンでプロジェクトのメモや写真を簡単にドキュメント化して日報を作成。ユーザーがより詳細な日々のメモを音声で記録し、SYNCHROのトランスクリプションチームがその音声メモを文字に起こしてテキスト化
    • 時間や人数、現場で使用した機器や資材を記録できるため、誰が作業したのか、どんな資材や機器を使ったのか、チームのメンバーがモバイルデバイスから簡単に報告可能
  • SYNCHRO Control
  • SYNCHRO Controlとは

    SYNCHRO Controlは、チームがプロジェクトデータへのアクセス、管理、コラボレーション、分析、予算管理、支払い更新の監視、変更指示の処理をすべて1か所で行うためのWebベースの建設管理プラットフォームです。 SYNCHRO Controlの直感的なプロジェクト追跡と解析により、プロジェクトの進捗状況をリアルタイムで可視化し、プロジェクトのあらゆる段階でチームのコラボレーションを向上させます。

    SYNCHRO Controlのビデオを見る

    SYNCHRO Controlには、SYNCHRO Fieldに加えて、ドキュメントとタスクの管理、およびプロジェクトのインテリジェンスを改善するための追加機能が含まれています。

    • 最新のプロジェクトデータへのアクセスと管理を1か所で実行。ProjectWiseやPower BIのダッシュボードなどのドキュメントリポジトリを含む外部ソフトウェアに接続
    • 2D/3D マップの場所でPDFプランセットにアクセスして管理し、地理参照や場所の特定を実行。写真、ビデオ、モデルのファイルに数秒でアクセス。地理位置、日付/時刻、コンテキスト、内容でフィルタリング
    • 日次ログ、問題、検査、RFIを監視し、1つの場所で管理することで、スケジュールを前倒し
    • 2D、3D、4Dのすべての建設データとモデルを確認
    • 地理位置情報および気象情報サービスがプロジェクトデータに自動的にプッシュされるため、チーム全員が同じ最新情報を把握
    • 社外の関係者も含めた調整およびコラボレーション機能を活用。タスクや関連ドキュメントへのアクセスや参照を許可
    • 包括的なダッシュボードとカスタムワークフローやシーケンスにより、プロジェクトのパフォーマンスを管理
    • 現場にいてもオフィスにいても、プロジェクトの状況、遅延、潜在的な問題をレポートで完全に可視化
    • 契約を監視、参照して、コストが追加された箇所を簡単に特定することにより、予算を管理
    • 契約を細目に細分化し、契約に関する出来高申請書(SOV)の細目をすべて確認
    • オーナーや請負事業者との交渉前に、チーム内で変更指示(CO)を検討
    • プロジェクト期間全体で、支払申請ごとの進捗状況を確認
    • 一連の潜在的な変更指示(POC)を参照、追跡して、リスクの特定をサポート。交渉の進捗状況を1か所で管理
     
  • SYNCHRO Perform
  • SYNCHRO Performとは

    SYNCHRO Performは、リアルタイムの現場の進捗状況やコストデータ、プロジェクトレポート、インサイトを活用して、プロジェクトのパフォーマンスを高める、デジタル建設ソリューションです。運用チームは、時間追跡をより効果的に管理し、毎日のコストを監視してリソースを最適化することで、より適切で迅速な意思決定を行えます。これにより、プロジェクトのエラーの最小化と、チームの生産性の最大化が可能になります。

    SYNCHRO Performのビデオを見る

    SYNCHRO PerformにはSYNCHRO FieldとSYNCHRO Controlに加え、以下の機能が含まれています。

    • 示唆に富む解析、フィルタリング可能なダッシュボード、およびプロジェクト全体の状況やスケジュールに関するレポートを提供するフィールドオペレーション機能
    • 目標に対する日々のコストや生産率をリアルタイムで監視して報告
    • コメントや写真で現場データを強化し、施行工程表の各細目と実際の進捗状況をリンク
    • 開始時と終了時の実際の施工計画書を、業界標準の指標、SPI、CPIと比較して評価
    • 包括的な進捗管理、コスト管理、アーンドバリュー機能によって、プロジェクトパフォーマンスのシームレスな促進、現場リソースの最適化、予定作業の優先順位付けを確実に実施
    • 現場の変化をリアルタイムに捉えて対処することで、想定外の事象を早期に警告し、コストや時間の超過を排除
    • 不測の変更に伴うコストと時間を切り分け、コマーシャルクレームを実証し、財務上の影響を最適化
    • スマートフォンやタブレットを使って、安全性、天候、人員、訪問者、資材、デリバリ、遅延などのプロジェクト情報を含め、メモを簡単に取得
    • 日報から、プロジェクトの活動をまとめた総合ビューに瞬時にアクセス
    • リソースを管理し、タイムシート、予定事項表(Docket)、機材、資材の使用状況を簡単に把握。人員の出勤状況、機器の点検状況、テレマティクスデータを追跡
  • SYNCHRO 4D
  • Synchro 4Dについて

    SYNCHRO 4Dは、最先端のモデルベースのQTO、スケジューリング、建設シミュレーションを利用して、設計モデルから建設モデルを作成できる、業界最高レベルのモデリングソリューションです。チームは、プロジェクトの計画、最適化、追跡を1つのビジュアルで実現できるだけでなく、問題と「What if」シナリオを早期に特定できます。また、没入型の4D環境により、プロジェクトのリスクと遅延を減らし、コストのかかる手戻りを回避できます。SYNCHROを使用することで、リアルタイムで最新の進捗状況がわかり、正確なスケジュール情報が手に入ります。

    データシート

    SYNCHRO 4DにはSYNCHRO Field、Control、Perform、Costが含まれています。さらに、以下のことも可能です。

    • 4Dでのスケジュール作成とシミュレーション
    • モデルベースのQTO
    • 建設モデリング

SYNCHRO Fieldとは

SYNCHRO Fieldは、地図、GeoPDF、2D CAD、3D/4Dモデルコンテキストなど、施工チームがコンテキスト内のデータにアクセスしてキャプチャできるモバイルソリューションです。チームは、プロジェクトの更新内容の入手、検査とRFIの処理、カスタムフォームの作成、問題のフラグ設定、モデルの進捗状況の確認を現場から直接、リアルタイムで簡単に行えます。SYNCHRO Fieldを使用することで、ワークフローの合理化、意思決定の簡素化、プロジェクトの確実な完了が実現します。

SYNCHRO Fieldのビデオを見る

  • レポート作成プロセスを簡素化し、実質的に自動化。安全性やその他の問題を発生後すぐに報告可能
  • チームの足並みを揃え、全員がそれぞれ、自身がいつ何をすべきかを把握することが可能。タスクを監視し、RFIや日次ログの優先順位を決め、問題を迅速に解決
  • 作業員、機器、スケジュールに関する正確な計画を提供。気象や場所についての情報をプロジェクトデータに自動的にプッシュ
  • スマートフォンでプロジェクトのメモや写真を簡単にドキュメント化して日報を作成。ユーザーがより詳細な日々のメモを音声で記録し、SYNCHROのトランスクリプションチームがその音声メモを文字に起こしてテキスト化
  • 時間や人数、現場で使用した機器や資材を記録できるため、誰が作業したのか、どんな資材や機器を使ったのか、チームのメンバーがモバイルデバイスから簡単に報告可能

SYNCHRO Controlとは

SYNCHRO Controlは、チームがプロジェクトデータへのアクセス、管理、コラボレーション、分析、予算管理、支払い更新の監視、変更指示の処理をすべて1か所で行うためのWebベースの建設管理プラットフォームです。 SYNCHRO Controlの直感的なプロジェクト追跡と解析により、プロジェクトの進捗状況をリアルタイムで可視化し、プロジェクトのあらゆる段階でチームのコラボレーションを向上させます。

SYNCHRO Controlのビデオを見る

SYNCHRO Controlには、SYNCHRO Fieldに加えて、ドキュメントとタスクの管理、およびプロジェクトのインテリジェンスを改善するための追加機能が含まれています。

  • 最新のプロジェクトデータへのアクセスと管理を1か所で実行。ProjectWiseやPower BIのダッシュボードなどのドキュメントリポジトリを含む外部ソフトウェアに接続
  • 2D/3D マップの場所でPDFプランセットにアクセスして管理し、地理参照や場所の特定を実行。写真、ビデオ、モデルのファイルに数秒でアクセス。地理位置、日付/時刻、コンテキスト、内容でフィルタリング
  • 日次ログ、問題、検査、RFIを監視し、1つの場所で管理することで、スケジュールを前倒し
  • 2D、3D、4Dのすべての建設データとモデルを確認
  • 地理位置情報および気象情報サービスがプロジェクトデータに自動的にプッシュされるため、チーム全員が同じ最新情報を把握
  • 社外の関係者も含めた調整およびコラボレーション機能を活用。タスクや関連ドキュメントへのアクセスや参照を許可
  • 包括的なダッシュボードとカスタムワークフローやシーケンスにより、プロジェクトのパフォーマンスを管理
  • 現場にいてもオフィスにいても、プロジェクトの状況、遅延、潜在的な問題をレポートで完全に可視化
  • 契約を監視、参照して、コストが追加された箇所を簡単に特定することにより、予算を管理
  • 契約を細目に細分化し、契約に関する出来高申請書(SOV)の細目をすべて確認
  • オーナーや請負事業者との交渉前に、チーム内で変更指示(CO)を検討
  • プロジェクト期間全体で、支払申請ごとの進捗状況を確認
  • 一連の潜在的な変更指示(POC)を参照、追跡して、リスクの特定をサポート。交渉の進捗状況を1か所で管理
 

SYNCHRO Performとは

SYNCHRO Performは、リアルタイムの現場の進捗状況やコストデータ、プロジェクトレポート、インサイトを活用して、プロジェクトのパフォーマンスを高める、デジタル建設ソリューションです。運用チームは、時間追跡をより効果的に管理し、毎日のコストを監視してリソースを最適化することで、より適切で迅速な意思決定を行えます。これにより、プロジェクトのエラーの最小化と、チームの生産性の最大化が可能になります。

SYNCHRO Performのビデオを見る

SYNCHRO PerformにはSYNCHRO FieldとSYNCHRO Controlに加え、以下の機能が含まれています。

  • 示唆に富む解析、フィルタリング可能なダッシュボード、およびプロジェクト全体の状況やスケジュールに関するレポートを提供するフィールドオペレーション機能
  • 目標に対する日々のコストや生産率をリアルタイムで監視して報告
  • コメントや写真で現場データを強化し、施行工程表の各細目と実際の進捗状況をリンク
  • 開始時と終了時の実際の施工計画書を、業界標準の指標、SPI、CPIと比較して評価
  • 包括的な進捗管理、コスト管理、アーンドバリュー機能によって、プロジェクトパフォーマンスのシームレスな促進、現場リソースの最適化、予定作業の優先順位付けを確実に実施
  • 現場の変化をリアルタイムに捉えて対処することで、想定外の事象を早期に警告し、コストや時間の超過を排除
  • 不測の変更に伴うコストと時間を切り分け、コマーシャルクレームを実証し、財務上の影響を最適化
  • スマートフォンやタブレットを使って、安全性、天候、人員、訪問者、資材、デリバリ、遅延などのプロジェクト情報を含め、メモを簡単に取得
  • 日報から、プロジェクトの活動をまとめた総合ビューに瞬時にアクセス
  • リソースを管理し、タイムシート、予定事項表(Docket)、機材、資材の使用状況を簡単に把握。人員の出勤状況、機器の点検状況、テレマティクスデータを追跡

Synchro 4Dについて

SYNCHRO 4Dは、最先端のモデルベースのQTO、スケジューリング、建設シミュレーションを利用して、設計モデルから建設モデルを作成できる、業界最高レベルのモデリングソリューションです。チームは、プロジェクトの計画、最適化、追跡を1つのビジュアルで実現できるだけでなく、問題と「What if」シナリオを早期に特定できます。また、没入型の4D環境により、プロジェクトのリスクと遅延を減らし、コストのかかる手戻りを回避できます。SYNCHROを使用することで、リアルタイムで最新の進捗状況がわかり、正確なスケジュール情報が手に入ります。

データシート

SYNCHRO 4DにはSYNCHRO Field、Control、Perform、Costが含まれています。さらに、以下のことも可能です。

  • 4Dでのスケジュール作成とシミュレーション
  • モデルベースのQTO
  • 建設モデリング

SYNCHROの動画

動画を再生

Bentley Infrastructure Cloud

Powered by iTwin​

プロジェクト、施工、または資産情報を2D、3D、4Dで管理および可視化することで、プロジェクトのパフォーマンスや運用の挙動の追跡を改善し、データに基づく意思決定をより適切かつ迅速に行えます。

世界のインフラのエンドツーエンドのライフサイクルとバリューチェーン全体に及ぶこの全社規模のソリューションセット(ProjectWise、SYNCHRO、AssetWise)は完全でエバーグリーンなデジタルツインの作成、提供、運用を支援します。

デジタル都市 フランクフルト ドイツ

2023 Constructech Top Products賞

SYNCHRO 4D、SYNCHRO Perform、SYNCHRO Cost、およびSYNCHRO Fieldが2023 Constructech Top Products賞を受賞しました。

SYNCHROは、Construction Executiveの2022年版「Project Management, Collaboration and Scheduling」カテゴリの上位製品にランキング

2022年のトップ建設テクノロジ企業

SYNCHROは、Construction Executiveの2022年版「Project Management, Collaboration and Scheduling」カテゴリの上位製品にランキングされました。

信頼できる唯一の情報源

「建設前に、現場マネージャ、コーポレートマネージャ、そして彼らを率いる経営幹部は、明確に定義された作業範囲と、数量を正確に定義して追跡する機能を頼りに準備作業を進める必要があります。SYNCHROは、 3Dモデル管理のための信頼できる唯一の情報源を利用するモデルベースのワークフローでこれを可能にします。 SYNCHRO Constructionは、請負業者が建設可能なモデルを定義できるようにすることで、将来の重建設や幹線道路建設において重要な役割を果たします。」

注目のユーザー事例

SYNCHROソフトウェアのリソース

よくある質問

SYNCHRO 4Dは、市場の主要な3Dモデリングおよびスケジューリングツールすべてと相互運用できるリアルタイムクラウドソリューションです。 簡易なものから複雑なものまで、ほとんどの建設プロジェクトにSYNCHRO 4Dをお使いいただけます。デジタル活用により建設の計画と運用を強化し、4Dオーサリング機能とサードパーティソフトウェアを組み合わせて、プロジェクトデリバリプロセスの各役割に専用のアプリケーションを使用できるようにしています。

SYNCHRO ControlはWebベースの建設管理ハブです。建設データへのアクセス、管理、共同作業、解析をすべて一箇所で行うことができます。設計から建設まで、リソースやワークフローなどのリアルタイムデータを使用して、現場とオフィスのスタッフの連携を容易に実現できます。

SYNCHRO Fieldは、オフラインでも、現場の情報へのアクセス、取得、伝達を可能にするモバイル建設管理ソフトウェアです。モバイルに適したフォームやワークフローにより、WebベースのSYNCHRO Controlサービス内で、文書化されたすべての情報を検索してアクセスできます。地理位置情報に対応したフォームと自動気象データを使用して、どのプロジェクトでも簡単に、精度の高いプロジェクトデータと位置情報を得ることができます。プロジェクトの規模や複雑さに関係なく、マップまたは3Dモデルを使用して、地理位置に基づいて現場の各アクションを可視化できます。1つのユーザーインターフェースとプロジェクトコンテキストビューを使用して、問題の早期特定、他の関係者との調整、新しいプロセスや現在の現場指示の伝達、プロジェクトオーナーへの日々の進捗報告をリアルタイムで迅速に実行することができます。

SYNCHROの価格は地域によって異なります。利用可能なライセンスにはさまざまな種類がありますが、一般的な選択肢は、BentleyのeコマースストアであるVirtuosityを通じて提供される12か月の実務家向けライセンスです。Virtuosityを通じて購入すると、Virtuosoサブスクリプションを取得できます。これは、ソフトウェアと、カスタマイズ可能なトレーニング、メンタリング、およびコンサルティングサービスに引き換えるための「キー」(トークン)を入手することを意味します。

4Dでのスケジュール作成とは、3Dモデルとプロジェクトスケジュールを組み合わせたものです。SYNCHRO 4Dを使用すると、ガントチャート上のアクティビティバーと3Dモデルの対応する要素とを直接リンクできます。グラフィック表現を作成して、時間ベースでプロセスを理解したり、競合を予測したり、潜在的な解決策を検討できます。

CPU
2.8GHz Dual Core以上、3.33GHz Dual Core推奨、4.0GHz Quad Coreエンタープライズ仕様。64ビット(x64)プロセッサのみサポート

OS:
Microsoft Windows 7、Microsoft Windows 8/8.1、Microsoft Windows 10、Microsoft Windows Server 2012(すべてのエディション)。64ビット(x64)オペレーティングシステムのみサポート

メモリ:
16GB以上、32GB推奨、64GBエンタープライズ仕様

ハードディスク空き容量:
インストールファイルに1.3GB、プロジェクトファイルごとに1.0GB(標準)。十分なストレージ容量(500GB以上)があることを前提として、SDDを推奨

グラフィックスカード
1GB以上(DirectX互換)、2GB推奨、4GBはエンタープライズ仕様(CUDA対応NVIDIA)

ディスプレイ
1280×1024以上、1920×1080推奨、2560×1600または2560×1440エンタープライズ仕様、デュアルモニターを推奨

ネットワーク接続
ライセンスの有効化とSYNCHRO Workgroup Projectでのワークグループ運用にはネットワーク接続が必要

入力デバイス
スクロールホイール付きマウス

SYNCHRO Controlは、クラウドベースのSaaSソリューションです。Chrome、Firefox、Edge、Safari

SYNCHRO Costは、SYNCHRO Controlの1つです。SYNCHRO Controlは、インターネットに接続されていればどのデバイスからでも標準的なWebブラウザを介してアクセスできる、クラウドベースのSaaSソリューションです。追加のクライアントソフトウェアは不要です。

対応ブラウザ: Chrome、Firefox、Edge、Safari

SYNCHRO Fieldは、クラウドベースのSaaSソリューションです。iPad – 64ビット – iOS 11以上 iPhone – 64ビット – iOS 11以上

ライセンスとサブスクリプション

最適なプランを選んでください

トレーニング付き1年間ライセンス

Virtuosoサブスクリプション – 中小企業に人気の選択肢

トレーニング付きのソフトウェアにすばやくアクセス!BentleyのオンラインショップであるVirtuosityは、低額の初期費用でBentleyソフトウェアの12か月間ライセンスをリースできる便利な方法を提供します。Virtuosityでオンライン購入すると、トレーニングおよび自動更新を含むVirtuoso Subscriptionとして提供されます。

ご契約の必要なく、すぐにお使いいただけます。

今すぐ購入

エンタープライズ組織

私たちはお客様を全力で応援します。

詳細な要件を持つ大規模な組織向けに、グローバルの価格設定と、包括的なソリューションポートフォリオおよびサクセスプランサービスへのアクセスを提供しています。ソフトウェア、グローバルの成功事例、導入サービス、トレーニング、テクニカルサポートを活用し、お客様独自のニーズに対応しながら、組織のポテンシャルを最大限に引き出す方法については、お問い合わせください。

お問い合わせ

今すぐSYNCHROを使用しましょう。