ベントレー・システムズのロゴ、黒
未来のインフラを今すぐ強化

国連気候変動枠組条約締約国会議(COP28 )でのBentley

緑の長い横線

COP29でお会いしましょう!

COP28 は気候変動に関する活動の節目

だからこそ、Bentleyはそこにいるのです。 私たちは、インフラと世界の持続可能な移行を支援するテクノロジの変革力を信じています。
緑の手描きの下線

インフラの持続可能性を加速

インフラの専門家は、これまでにない規模とペースでインフラの脱炭素化と気候変動対策の取り組みを主導しています。 しかし、エンジニアリングリソースの能力不足から、成功に必要な情報とチームの調整の課題まで、複数の障害に直面しています。

今こそ、より優れた、よりレジリエントなインフラストラクチャのためにデータを活用することで何が可能になるのかを再考する時です。 AIを活用したインフラデジタルツインなどのイノベーションを通じて、気候変動対策に必要なデジタルで持続可能な移行を加速させることができます。

これらの課題に単独で対処できる企業や組織はないため、BentleyはCOP28で政府、企業、市民社会とともに次のような重要な Issuesにどのように取り組むことができるかについて話し合います。

  • 1

    インフラの脱炭素化

建設されたインフラは、世界の温室効果ガス排出量の75%以上を占めており、そのインフラの75%は2050年までにまだ建設する必要があります。既存および新規のインフラストラクチャは、持続可能性とレジリエンスを念頭に置いて設計、構築、運用しなければなりません。

  • 2

    エネルギー転換の原動力

エネルギー産業は、現代史上最大の産業転換期を迎えています。 クリーンエネルギーの生産、送電、配電を加速し、ネットゼロへの移行を支援するために、明確で自信に満ちた意思決定を行うためには、地球とその地下を理解することが不可欠です。

  • 3

    気候変動に強い都市

世界の人口は、今後30年間で20億人増加すると予想されています。デジタル化は、都市のレジリエンス、気候変動への適応、包摂的な都市、住民の幸福を確保するために必要な持続可能なインフラとサービスを効果的に計画し、提供するために不可欠です。  

  • 4

    水課題の克服

多くの点で、気候変動は、水の量、質、利用可能性に影響を与えることから、水の変動であるともいえます。 都市の水管理と水道システムの近代化を統合することで、コミュニティが清潔な水と衛生設備へのアクセスを改善し、水不足や洪水などの気候変動の影響を最小限に抑えることができます。

ハイライト:COP28でのBentley

サステナブル・イノベーション・フォーラム 2023:Bentleyは、12月4日から5日までClimate Changeが主催するSIF23の支援パートナーを務め、セクター間のパートナーシップの構築、効果的なビジネスアクションのスポットライト、気候関連の国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた革新的なソリューションの紹介を目的としています。Rodrigo Fernandes氏による基調講演「 Unleashing Data and Collaborative Digital Twins to Empower Sustainable, Resilient and Intelligent Infrastructure」をご覧ください。

Bentleyの幹部とサステナビリティの専門家は、ブルーゾーンで政府代表者やオブザーバー組織と会い、気候変動の課題について議論し、低炭素への道を開くための洞察を共有します。

BentleyはMicrosoftのサステナビリティパートナーであり、グリーンゾーンでMicrosoftとともに、データが基盤として機能し、デジタルツインがインフラストラクチャインテリジェンスを加速して気候変動への適応を支援するための構成要素として機能することを説明します。

Bentleyのサステナビリティ円卓会議では、業界のリーダー、インフラストラクチャの専門家、および厳選されたBentleyユーザーが一堂に会し、ベストプラクティスを共有し、ソリューションについて議論し、より優れたレジリエントなインフラストラクチャのためのロードマップを確立します。アジェンダを見る

Bentleyをフォロー
© 2024 ベントレー・システムズ, incorporated

Celebrate Infrastructure Delivery & Performance Excellence

2024 Year in Infrastructure & Going Digital Awards

Nominate a project for the most prestigious awards in infrastructure! Extended deadline to enter is April 29th.