Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ エネルギー転換 / 湖南省株洲市白関町の220kv変電所の3Dデジタルプロジェクト
再生可能エネルギーと送電網のストーリーをもっと見る

湖南省株洲市白関町の220kv変電所の3Dデジタルプロジェクト

State Grid Tianjin Electric Power Survey, Design & Consultingが白関鎮の工業団地にカーボンフリーの太陽エネルギーを提供

持続可能性への挑戦

エネルギー転換

建物を背景にした駐車場のアーティストのレンダリング。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標7 低価格のクリーンエネルギー

SDG目標9 産業と技術革新お基盤をつくろう

SDG目標 13 気候変動に具体的な対策を

利用ソフトウェア

Bentley Raceway and Cable Management、OpenBuildings Designer、OpenRoads Designer、OpenUtilities Substation、ProStructures

場所

中国

組織・会社

State Grid Tianjin Electric Power Survey, Design & Consulting Co., Ltd.(国家電網天津電力測量設計コンサルティング有限公司)

白関の工業団地にカーボンフリーの太陽エネルギーを供給するために、State Grid Tianjin Electric Power Survey, Design & Consultingは、 330キロワットのソーラーアレイ、データセンターステーション、電気自動車充電ステーション、 5G基地局の建設を任されました。 複雑で多分野にわたるコンセプトを設計するために、Bentleyアプリケーションを使用して単一の開発プラットフォームを構築し、すべての資産の 3Dモデルを作成しました。 デジタル設計により、効率が向上し、エラーが防止され、環境フットプリントが削減され、建設時間が短縮されました。 アレイからの太陽光発電により、年間2,700トンの二酸化炭素排出量が削減されました。