Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ エネルギー転換 / カメルーンにおける225KV送電線2号と変電所2号の建設
再生可能エネルギーと送電網のストーリーをもっと見る

カメルーンにおける225KV送電線2号と変電所2号の建設

Kalpataru Projects Internationalがカメルーン送電プロジェクトで二酸化炭素排出量を最小化

持続可能性への挑戦

エネルギー転換

緑の野原に浮かぶ送電鉄塔の航空写真。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標7 低価格のクリーンエネルギー

SDG目標9 産業と技術革新お基盤をつくろう

SDG目標 13 気候変動に具体的な対策を

利用ソフトウェア

電力線システム、STAAD、その他

場所

カメルーン

組織・会社

Kalpataru Power Transmission Limited (KPTL)

このプロジェクトは、人口の 55%が貧困状態にあり、送電網の接続性が限られており、電力供給が不安定なカメルーンのいくつかの地域にまたがり、2つの 225キロボルトの単回路送電線とそれを支える変電所で国の電力網を拡張します。 悪天候に見舞われやすい沼地や鬱蒼とした森林がもたらす課題を克服するため、Kalpataru Power Transmission Limitedは、送電線のレイアウト、設計、解析にBentleyのアプリケーションを採用しました。この組織は、プロジェクトの完全なデジタルツインを作成し、エンジニアリングとプロジェクト管理に使用しました。 Kalpataru Power Transmissionは、時間とコストを節約するだけでなく、プロジェクトの材料使用量と燃料消費量を監視し、二酸化炭素排出量を最小限に抑えました。 この地域でディーゼル発電を廃止することで、工業化、経済成長、生活の質の向上を促進しながら、月間 450 メガトンに相当する炭素排出量を削減しました。