Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ 土地と水資源 / GeoBIMによる資材再使用の効率および持続可能性の促進 
廃棄物、水、材料消費の削減に関するストーリーをもっと見る

GeoBIMによる資材再使用の効率および持続可能性の促進 

英国最大級の大量輸送プロジェクトにおける廃棄物を最小限に抑えるための材料の再利用

持続可能性への挑戦

土地および水資源

緑色の枠で囲まれた線路の画像。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標12 つくる責任、つかう責任

SDG目標 13 気候変動に具体的な対策を

SDG目標 15 陸の豊かさを守ろう ロゴ

利用ソフトウェア

Bentleyソフトウェア

場所

英国

組織・会社

Mott MacDonald

High Speed 2 フェーズ 1 は、大量の掘削を必要とする大規模な公共交通機関プロジェクトであり、約 25 百万立方メートルの資材が掘削に割り当てられました。資材を再利用し、廃棄物を最小限に抑える方法を決定することで、大量輸送車両によって生成される炭素排出量を大幅に削減できるはずでしたが、従来の地盤工学的評価方法ではその役割を果たせませんでした。デジタルデータ管理と高度な地盤工学アプリケーションを組み合わせることにより、Mott MacDonaldは建設現場の 3D表示に基づき共同geoBIM評価技術を開発しました。この分析は、プロジェクト全体の材料の再利用に関する重要な洞察を提供し、廃棄物と炭素排出量を大幅に削減し、HS2の 50%の炭素削減コミットメントをサポートしました。