Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ エネルギー転換 / Kubuqi 2000MW太陽光発電砂漠化制御プロジェクト(セクションI)
再生可能エネルギーと送電網のストーリーをもっと見る

Kubuqi 2000MW太陽光発電砂漠化制御プロジェクト(セクションI)

SIDRI Kubuqi によるクリーンエネルギー生産のための2000MW太陽光発電砂漠化制御プロジェクト(セクションI)

持続可能性への挑戦

エネルギー転換

砂漠のソーラーパネル。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標7 低価格のクリーンエネルギー

SDG目標9 産業と技術革新お基盤をつくろう

SDG目標 13 気候変動に具体的な対策を

利用ソフトウェア

OpenBuildings Designer、 OpenRoads Designer、STAAD

場所

クブチ砂漠

組織・会社

Shanghai Investigation, Design & Research Institute Co., Ltd.

砂漠は、人口が多く農業が盛んな地域に比べて日照時間が豊富で、土地をめぐる競争が少ないため、太陽光発電に特に適しています。 内モンゴル自治区のKubuqi砂漠に位置するKubuqi 2,000メガワット太陽光発電砂漠化制御プロジェクトは、太陽光発電によるクリーンエネルギーの供給を目的としています。完成後は、 1 00万世帯以上に電力を供給し、さまざまな汚染物質の年間排出量を大幅に削減することが期待されています。 短い建設期間でプロジェクトの規模と膨大なデータを管理するために、地形処理、 2Dモデリング、構造解析にBentleyアプリケーションを使用しました。 このプロジェクトが完了すると、石炭の使用量が年間 706,600 トン削減され、炭素排出量 1.93万トン、二酸化硫黄排出量 371 トン、窒素酸化物排出量 415 トンが削減されることになります。