Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ 土地と水資源 / ノイダ国際空港 - インフラデザイン
廃棄物、水、材料消費の削減に関するストーリーをもっと見る

ノイダ国際空港 - インフラデザイン

3Dデジタルモデルがインド初のネットゼロ空港の持続可能な水管理を可能にする方法

持続可能性への挑戦

土地および水資源

目の前に飛行機が駐機している空港のイメージ。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標9 産業と技術革新お基盤をつくろう

SDG目標12 つくる責任、つかう責任

SDG目標 13 気候変動に具体的な対策を

利用ソフトウェア

OpenFlows, STAAD

場所

バンクラ

組織・会社

Ramboll India Pvt. Ltd.(ランボール・インディア)

ノイダ国際空港は、インド初のネットゼロ空港として設計されていることに加えて、効率的な排水路を通じて大規模な洪水から保護しながら、再利用のために水を集めることができる水、廃水、雨水ネットワークを備えています。複雑な施設の設計の課題を克服するために、Ramboll Indiaは、ライフサイクルの炭素排出量を削減しながら、空港のすべての要素にシームレスに接続する効果的で持続可能な水道システムの開発に役立つ 3Dデジタルモデルを作成しました。水道ネットワークは、少なくとも 100 年間洪水を防ぎ、外部水源の必要性を年間 90,000 立方メートル削減します。

インフラストラクチャの提供とパフォーマンスの卓越性を称える

2024 Year in Infrastructure & Going Digital Awards

インフラ分野で最も権威のある賞にプロジェクトをノミネートしましょう! 応募期限は4月 29日です。