Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ 健康な都市 / Baltica鉄道プロジェクトの詳細設計と監督のためのバリューエンジニアリングステージ
公共交通とアクティブな交通手段のストーリーをもっと見る

Baltica鉄道プロジェクトの詳細設計と監督のためのバリューエンジニアリングステージ

IDOMは、Rail Balticaプロジェクトの品質と持続可能性において新たなレベルに到達

持続可能性への挑戦

健康な都市

中央に砂場がある建物の航空写真。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標11 住み続けられるまちづくりを

SDG目標 13 気候変動に具体的な対策を

利用ソフトウェア

Bentley Descartes、Bentley LumenRT、OpenBuildings Designer、OpenRail Designer、ProjectWise

場所

スペイン

組織・会社

IDOM

バルト諸国で最大の単一インフラプロジェクトであるRail Balticaは、リトアニア、エストニア、ラトビアを結ぶ 870キロメートルの国際旅客・貨物鉄道回廊です。 これにより、年間貨物輸送コストを数十億ユーロ、気候変動コストを7.1 十億ユーロを節減できるだけでなく、炭素排出量、大気汚染物質、騒音を可能な限り低いレベルに削減します。 このプロジェクトを実現するために、IDOMはコネクトデータ環境を確立し、Bentleyのオープンアプリケーションを使用して3Dモデリングと Clash Detectionを共同で行いました。 チームは、設計から建設への移行で 90%の精度を達成し、変更指示を最小限に抑え、インフラストラクチャ管理における品質と持続可能性を新たなレベルに引き上げました。 この鉄道プロジェクトは、年間5.3百万旅客時の節約に加えて、気候変動コストを劇的に削減し、大気汚染を18.3%削減し、騒音を4.5%下げます。