Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ エネルギー転換 / Fuxin PV Grid Parity Base(CTG SIDRI)におけるデジタルアプリケーションとR&D  
再生可能エネルギーと効率性のストーリーをもっと見る

Fuxin PV Grid Parity Base(CTG SIDRI)におけるデジタルアプリケーションとR&D  

設計・研究機関が 3D Designで中国のグリーンエネルギーの展望をどのように変えたか

持続可能性への挑戦

エネルギー転換

ソーラーパネルフィールドの航空写真。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標7 低価格のクリーンエネルギー

SDG目標9 産業と技術革新お基盤をつくろう

SDG目標 13 気候変動に具体的な対策を

利用ソフトウェア

OpenBuildings, OpenRoads, STAAD

場所

中国

組織・会社

Shanghai Investigation, Design & Research Institute Co., Ltd.(SIDRI)

中国がグリーンエネルギーに移行するということは、多くの新しい再生可能エネルギー施設を建設することを意味します。国内最大のものの1つは、 500メガワットのFuxinPVGrid Parity Baseです。SIDRIは、従来の面倒な設計方法を使用した際、サイトのレイアウトとプロジェクトの詳細を管理する多くの課題に直面しました。SIDRIは、 3D設計とデジタルプロジェクト管理に移行し、効率を大幅に改善し、プロジェクトを6か月早く完了し、地域の炭素ベースの燃料への依存を低減できました。現在施設は、毎年240.3 百万キロワット時の電力をFuxin電力網に供給しています。

インフラストラクチャの提供とパフォーマンスの卓越性を称える

2024 Year in Infrastructure & Going Digital Awards

インフラ分野で最も権威のある賞にプロジェクトをノミネートしましょう! 応募期限は4月 29日です。