Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ エネルギー転換 / カウナスデジタルツイン
再生可能エネルギーと効率性のストーリーをもっと見る

カウナスデジタルツイン

都市規模のデジタルツインが工科大学の建物性能と再生可能エネルギー源の最適化にどのように役立つか

持続可能性への挑戦

エネルギー転換

ポーランドの町の航空写真を表示するソフトウェア。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標 4 赤い背景に「質の高い教育をみんなに」という言葉と1冊の本と1本の鉛筆

SDG目標7 低価格のクリーンエネルギー

SDG目標 13 気候変動に具体的な対策を

利用ソフトウェア

Bentleyソフトウェア

場所

リトアニア

組織・会社

カウナス工科大学

スマートシティとインフラストラクチャに焦点を合わせたコミュニティの構築、維持、および開発を支援するために、カウナス工科大学は、他の組織と協力して都市の構築環境のデジタルツインを開発することにしました。同大はBentleyのアプリケーションを使用して、都市規模で正確なデジタルツインを開発しただけでなく、屋内の温度条件を分析して建物のエネルギー消費を最適化できる技術も組み込みました。チームは、デジタルツインを使用して、ソーラーパネルなどの再生可能エネルギー源を大学の電力網に組み込む方法を決定する予定です。