Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ 気候変動に具体的な対策を / 毎日24時間、週7日、飲用水として使用できる給水システムを新興経済地域向けに構築 
水資源保全と気候レジリエンスのストーリーをもっと見る

毎日24時間、週7日、飲用水として使用できる給水システムを新興経済地域向けに構築 

Ayodhya市の水の利用可能性と水質を改善するGeoinfo Services

持続可能性への挑戦

気候変動対策と土地・水資源

衛星画像には、水道網を示す色付きの線で描かれた都市の地図が表示されます。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標6 水と衛生

SDG目標7 低価格のクリーンエネルギー

SDG目標11 住み続けられるまちづくりを

利用ソフトウェア

OpenFlows HAMMER、OpenFlows WaterGEMS、OpenFlows WaterSight

場所

バンクラ

組織・会社

Geoinfo Services

古代都市Ayodhyaは、ヒンドゥー教徒にとってインドで最も神聖な7つの都市の1つですが、重力式の水システムにより、漏水が激しく、無収水が 50%に近づき、水道管を満たすのに時間がかかりすぎるため、きれいな水が定期的に利用できません。 Geoinfo Servicesは、交換用水道システムに必要なエネルギー量と、それに対応する年間 347 トンの二酸化炭素排出量を削減するために、需要と水圧に応じて異なる速度で動作する効率的な可変周波数駆動ポンプを設置したいと考えていました。 革新的な新技術を取り入れるために、同社はOpenFlowを使用して水システム全体をモデル化し、設計を最適化する水理解析を実施しました。 デジタルツインは、システムの状態に関するリアルタイムの情報を提供する監視システムを確立するのに役立ちます。 水の利用可能性と水質を改善することで、住民の健康が大幅に改善され、水不足をめぐる紛争が減少します。 さらに、新しいより効率的なネットワークは、水の損失に関連するコストを削減し、効率的なシステムは、従来の水道システムによって生成される二酸化炭素排出量を削減します。