Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / 水資源の保全と気候レジリエンス
2023のストーリーに戻る

トレンド

水資源の保全と気候レジリエンス

水の利用可能性と水質は、気候変動によって大きく損なわれる可能性があります。 洪水や干ばつなどの異常気象は、この深刻さを物語っています。 「One Water」アプローチは、この問題に対処するための鍵であり、水のデジタルツインはソリューションの一部です。

気候変動は水の変化です。

気象パターンを混乱させ、異常気象、洪水、予測不可能な水の利用可能性、水不足、汚染された水の供給につながります。 これらの影響は、人々が繁栄し、生き残るために必要な水の量と質の両方に劇的な影響を与える可能性があります。 ここでは、 2022 年だけでも、状況の深刻さを示す3つの例を紹介します。
  • アフリカの角は過去40年間で最悪の干ばつに見舞われ、 23 万人以上が人道支援を必要としています。
  • パキスタンは過去数十年で最悪の洪水に見舞われ、 33 万人以上が被災し、1,400人以上の死者を出しました。
  • 米国西部と中部は深刻な干ばつに見舞われ、農業や飲料水や灌漑を地表水に頼っているコミュニティに壊滅的な影響を与えました。

これらの課題は、インフラの老朽化や人口の増加と相まって、世界の水と食料の安全保障を確保する上でさらなる困難を生み出しています。

解決策は、より優れた、より包括的な水循環管理を実施し、循環型の原則を採用して上下水道を再利用し、水源から蛇口まで、すべての水とそれに関連するインフラストラクチャをインテリジェントにマッピング、監視、検査、管理することです。 まとめると、この「One Water」というコンセプトは、ウォーターポジティブで気候変動に強い意思決定を促進します。 水のデジタルツインは、これらの原則をサポートするための標準になりつつあり、持続可能なブルーエコノミーにおいて重要な役割を果たしています。

Celebrate Infrastructure Delivery & Performance Excellence

2024 Year in Infrastructure & Going Digital Awards

Nominate a project for the most prestigious awards in infrastructure! Extended deadline to enter is April 29th.