Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ 気候変動に具体的な対策を / ニューサウスウェールズ州港湾局: デジタルトランスフォーメーションの事例
水資源保全と気候レジリエンスのストーリーをもっと見る

ニューサウスウェールズ州港湾局: デジタルトランスフォーメーションの事例

港湾エリアのデジタルツインがブルーエコノミーの持続可能な発展を推進

持続可能性への挑戦

気候変動対策と土地・水資源

シドニーのハーバーブリッジは、 3dモデルで示されています。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標9 産業と技術革新お基盤をつくろう

SDG目標11 住み続けられるまちづくりを

SDG目標 13 気候変動に具体的な対策を

利用ソフトウェア

CONNECTION Client ContextCapture、ContextCapture Viewer、OpenCities Map、OpenCities Planner、Orbit 3DMインポートおよびアップロードツール、iTwin Experience

場所

オーストラリア

組織・会社

ニューサウスウェールズ州港湾局

ニューサウスウェールズ州港湾局は、オーストラリアの南東海岸沿いの多数の港を管理しています。 オーストラリア沿岸の責任ある管理者になるために、港湾局は、静的な計画と地図による 2D環境を超えて、資産を慎重に管理する必要がありました。 同社は、すべての施設の生きたデジタルツインにより、すべての資産と環境の現状に対する理解を深め、運用を微調整し、高い自信を持って新しいプロジェクトに着手できることに気付きました。 Bentleyのアプリケーションを使用して、詳細なエンジニアリングデータと環境データでタグ付けされた 3Dモデルを作成し、施設の新しい画像をキャプチャして処理し、モデルと現場データを統合されたデジタルツインに公開しました。 プロジェクトのVisualizationにより、現場訪問の必要性が減り、デジタル管理により、地域経済に利益をもたらすさまざまなプロジェクトが強化されます。港湾エリアのデジタルツインは、安全性、生活、海洋生態系の健全性を向上させ、ブルーエコノミーの持続可能な発展を積極的に推進しています。