Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ 気候変動に具体的な対策を / New Bullards Bar Dam
水資源保全と気候レジリエンスのストーリーをもっと見る

New Bullards Bar Dam

ダム運営会社Yuba Water社がNew Bullards Bar Damの安全性とレジリエンスを確保

持続可能性への挑戦

気候変動対策と土地・水資源

緑色の点が描かれたダムの画像。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標7 低価格のクリーンエネルギー

SDG目標9 産業と技術革新お基盤をつくろう

SDG目標 13 気候変動に具体的な対策を

利用ソフトウェア

ContextCapture、iTwinプラットフォーム、sensemetrics、iTwin IoT

場所

米国

組織・会社

Yuba Water Agency

New Bullards Bar Damは、洪水制御、 340 メガワットのクリーンエネルギー、住民と生態系への信頼性の高い水供給を提供します。 建設から 50 年以上が経ち、異常気象事象が頻発かつ激甚化し、構造的完全性へのリスクが高まっています。 ダム運営会社Yuba Water Agencyが必要とする検査を改善し、検査の詳細レベルまで把握するために、ドローン調査と自動センサーをBentleyアプリケーションと組み合わせました。

IoT、 3Dリアリティモデリング、人工知能を組み合わせることで、調査チームはダムをリモートで監視し、小さいながらも大きくなっている亀裂を自動的に検出し、ダムの構造的完全性をリアルタイムで自動監視できるようになりました。 新しい自動化システムは、以前の方法の 1、000 倍のデータ監視ポイントを提供し、データの精度を 50%、リスク評価を 100%向上させます。 これにより、異常気象事象時や地震発生後にもダムを即座に評価し、災害を未然に防ぐことができます。Yuba Waterは、New Bullards Barダムが気候変動に直面しても、より安全で回復力のある状態を維持できると確信しています。