ホーム / すべてのソフトウェア/ 産業 / 上下水道事業

上下水道事業

上下水道事業

将来を見据えた水道インフラ

スマートでレジリエンスの高い上下水道システムの計画、設計、構築、運用、保守を自信を持って行うことができます。

注目のソリューション

タイムリーなリスク評価、リモート監視、効率的なデータ解析のためのデジタルツイン技術により、ダムの安全性を強化します。

DAMソリューションを見る ❯

水道ネットワークの監視、パフォーマンス、運用効率の向上に役立つ実用的な洞察を得ることができます。

水道ネットワークソリューションの詳細 ❯

水道システムの最新化を支える高度なデジタル技術

より少ない労力でより多くの成果を促進

適切なデータを優れた精度でより迅速に可視化できます。データの処理はシステムに任せ、重要な作業に注力しましょう。状況に応じたコンテキストとインサイトを活用して根拠に基づく意思決定を行うことで、重要な水道インフラがよりスマートでレジリエンスの高いものになります。少ない労力でより多くの成果を上げ、自信を持って優れたサービスを関係者に提供し、地球をよりよい場所にして繁栄を導くことができます。

水不足に対するプラスの効果

水は命に直結します。しかし、非常に多くの人々が清潔で安価な飲用水の入手に苦労したり、干ばつの影響や水道供給の停止を心配したりしています。よりスマートでレジリエンスの高い水道システムをこれまでにない速さで計画、設計するとともに、すべての関係者に対して優れた透明性を確保できます。さらに、強力なAI、解析、モデリング、シミュレーションを使用して運用とメンテナンスを最適化できるため、必要なときに正確な回答を迅速に得られます。

緊急事態への備えとレジリエンス

緊急時対応計画、リアルタイムデータ、モデリングを準備して、気候イベントの影響を軽減します。 洪水リスクを評価および予測し、安全プログラムを実施し、水資源とインフラストラクチャの資産を監視します。

水関連ビジネスの最適化

無収水損失の削減から、サービス中断の防止、二酸化炭素排出量のネットゼロ目標を目指したポンプ効率の最適化まで、チームを率いてデジタルトランスフォーメーションを遂行できます。上下水道とエンジニアリングのコンサルタントが、上下水道および雨水システムの計画、設計、建設、運用、保守のプロセスと手法を最新化します。

  • 配水

    システムとしての水道インフラの機能を理解することが重要です。使いやすい意思決定支援機能を通じて情報を迅速に入手し、気候変動、人口増加、運用戦略、緊急時対策に関する計画を策定できます。

    水道システムの計画と設計

    Bentleyの水理学/水文学のソフトウェアは、世界中の上下水道事業者、政府、エンジニアリング企業から信頼を集めており、マスタープランの作成、土地開発プロジェクトのサポート、配水ネットワークの迅速かつ正確な設計、水道システム拡張の設計と最適化に活用されています。高度な相互運用性、シナリオ管理、水理シミュレーション、モデル管理は、変化の激しい環境で非常に複雑なインフラストラクチャを管理するエンジニアに高く評価されています。

    推奨ソフトウェア

    資本計画

    リスクに基づいて配管のリニューアルを判断するには、資産のリスクが非常に高い状態にあり、優先的に交換する必要があるという根拠を示さなければなりません。優先順位の低い資産には、安全性と信頼性が確保されているという証拠が必要です。資本計画において最善の意思決定を行うには、まずリスクシナリオを評価し、不具合が発生する可能性と結果を計算します。最新のデータに基づいた証拠によって意思決定を正当化することで、計画を最適化し、確信を持って結果を関係者に示すことができます。

    推奨ソフトウェア

    水道システムの運用の監視

    システムの現在の状態とパフォーマンスを解析、シミュレーション、予測できます。配水ネットワークとポンプ場のデジタルツインは、サービス中断の削減、無収水損失の低減、規制コンプライアンスの確保、リスクの軽減に役立ちます。コネクトデータ環境内でデータを掌握し、意思決定をより適切かつ迅速に行うことができます。

    推奨ソフトウェア

    注目のユーザー事例

    草木と住宅の航空写真

    Companhia Águas de Joinville(CAJ)(ブラジル)

    干ばつ時の緊急対応計画

    水理モデルを使用して、285 kmのパイプラインネットワークにおける干ばつ状態をシミュレーションしています。

    水処理プラント

    Larsen and Toubro(インド)

    給水計画(表流水処理)

    L&Tは、388の村落にわたって1,400万人以上の住民に安全な飲料水を供給するための給水システムを設計しました。

    水道網の図

    DC Water

    可視性の向上

    デジタルツインは運用費と設備投資の削減に役立つとともに、データの可視性の向上と解析により、無収水量の削減にも役立ちます。

    「DC Waterでは、水道インフラのデジタルツインを導入して、運用面と財務面のレジリエンスを高めています」

    – DC Water、P.E.兼シニア水理モデリングリーダー、Alireza Parhami氏
  • 下水処理
  • 下水および雨水の回収

    健康的なコミュニティ、安全で効率的な衛生設備、エネルギー使用量の削減、二酸化炭素排出量ネットゼロの実現を念頭に、Bentleyは、激しい降雨や過酷な気象条件に対応できる雨水システムを設計しています。最先端ソフトウェアによってさまざまな新しいアイデアに対応できます。

    下水道ネットワークのエンジニアリング - 計画と設計

    リスクを軽減し、規制を遵守できます。水理学/水文学エンジニアリングに基づく2Dまたは3D複合下水道システムが、計画、解析、設計の実現を支援し、シナリオとモデルの包括的な管理、キャリブレーションの最適化、容量の改善、下水道の氾濫の抑制につながります。複雑な雨水システムを解析し、降雨、流出、重力、圧力、取水口での取り込みやバイパス、調整池、排水溝構造、開水路、カルバートの影響をモデル化できます。下水道システムに関わりのあるものはすべて、コミュニティの健康に影響する可能性があります。常に最適な選択を心がけることが重要です。

    推奨ソフトウェア

    下水道ネットワークの運用

    全体像を把握して、迅速かつ正確に意思決定を行うことができます。プラントモデル、ポンプ場モデル、水理モデル、エンジニアリングデータ、地理空間データをリアルタイムSCADAと統合できます。多数の計装機器とIoTセンサーを使用して、ビジネスをインテリジェントに運営できるように変革し、コミュニティの重要な下水道サービスを維持する必要があります。今こそ、下水および雨水インフラのデジタルツインを作成しましょう。Bentleyがお客様を支援します。

    推奨ソフトウェア

    洪水リスクの評価と軽減

    高潮、激しい降雨、浸水、表面流出、水路流動、地下水流動による地域での洪水をシミュレーションします。都市部、河川域、沿海部における洪水リスクを軽減できます。河川流量と洪水の規模を計算し、洪水危険度を推定できます。優れた事業者が活用しています。次はお客様の番です。 

    推奨ソフトウェア

    注目のユーザー事例

    Quattrone & Associates

    Quattrone & Associates

    雨水ネットワーク設計ソリューション

    OpenFlows™ StormCAD®を使用することで、10,000米ドルを節減しながら、6か月の建設遅延の可能性を回避

    プネー(インド)の雨水計画

    Primove Infrastructure Development Consultants

    11の村落のための雨水マスタープラン(インド、プネー)

    調整と現場に関する課題に直面したPrimoveは、広範囲の作業を管理し、最適なネットワーク設計を決定するためにデジタルコンテキストが必要であることに気が付きました。

    湖水地方におけるAEGEAの下水道網の拡大

    AEGEA

    SewerGEMSで下水道網の拡張を最適化

    マスタープランでは、58%低いコストで普及率90%に達する見込み

    「配水システムと下水回収システムは、世間一般の人々にとっては優先事項として思い浮かばないかもしれませんが、都市化の拡大と健康的な生活の推進に欠かせないインフラです。ARC Advisory Groupによる広範な市場調査によると、Bentley Systemsはそうしたシステムのエンジニアリング設計ソフトウェア分野における世界的リーダーです」

    – ARC Advisory Group、エンタープライズソフトウェア担当バイスプレジデント、Ralph Rio氏(2022年6月)

  • 水処理プラント
  • 上下水処理プラント

    エネルギーフットプリントの最少化(またはゼロ化)、ゼロエミッション、100%の水再利用(水使用量ゼロ)を実現します。今日のクラス最高レベルの処理施設は、環境への影響を配慮した設計の最先端を行っています。

    複数の分野にまたがる計画、設計、およびプロジェクトデリバリ

    共同作業に適した設計とBIMを活用して、新しい上下水道処理プラントの設計に必要な時間とコストを削減できます。プロジェクトチームによるオンラインでの共同作業やオフラインでの個別作業をサポートする環境を使用することで、迅速性と柔軟性が向上します。自動干渉チェック、バージョン比較、問題解決を実施しながら、配管、HVAC、機械および電気機器の3D設計を作成できます。

    推奨ソフトウェア

    オペレーションインテリジェンス

    今日のプラント構造物でパフォーマンス、エネルギー効率、化学物質管理、リスク解析を改善するには、運用インテリジェンスが必要です。物理資産を仮想資産と連携させ、高度な解析、機械学習、シミュレーション、モデリングを使用することで、運用に関してより的確な意思決定ができます。最小限のコストで最大限のパフォーマンスを実現できます。

    推奨ソフトウェア

    アセットパフォーマンスを視覚的に管理

    プラントのデジタルツインと、リスクに基づく信頼性および完全性管理戦略を組み合わせることで、資産インテリジェンスをすぐに利用でき、意思決定が改善します。プラントやポンプ場のデジタルツインは、安全性、信頼性、コスト効率に優れ、コンプライアンスに準拠した、リスクのない運用を実現するのに役立ちます。

    推奨ソフトウェア

    注目のユーザー事例

    CISMの下水処理プラント

    Cism Consulting

    カショエイラ下水処理場(ブラジル、サンパウロ州オランブラ)

    オランブラの下水道システムを拡張および改善するために、Cismは、各部門で作成された3Dモデルを統合し、BIMワークフローを提供できるBentleyのリアルタイムソリューションを使用しました。

    F. Wayne Hill水資源センター

    JACOBS

    F. Wayne Hill水資源センター(米国、ジョージア州グイネット郡)

    既存の流量と処理容量を拡大することを目的に、複雑な改築プロジェクトの設計を請け負ったエンジニアたちは、リモートで対応するチームとの調整という課題に直面しました。しかも、既存の竣工時モデルは旧式で限られた機能しか備えていないという問題もありました。

    Brown and Caldwellの水処理プラント

    Brown and Caldwell

    完全なコラボレーションプロジェクトにおけるデジタルツインの実装

    エンジニアは、多種多様な設計ツールの統合や、設計から建設、運用、メンテナンスにわたる継続的なデータの応用という課題にも直面していました。

    「Bentley Systemsは、資産ライフサイクル全体にわたってメンテナンス業務と計画を改善することを目指し、Bentleyの設計エンジニアリングと資産パフォーマンスに関する専門知識と機能を組み合わせた、信頼性の高い業界固有のソフトウェアソリューションを複数構築しています。このような業界重視の姿勢により、電力T&D、鉱業、上下水道など多くの主要産業で、Bentleyは信頼性の高いソフトウェアの主要サプライヤとなりました」

    – ARC Advisory Group、シニアアナリスト、Interpreet Shoker氏

  • ダム
  • ダム

    ダムを安全に保つことは、社会と環境を保護することを意味します。挙動の変化によって構造健全性を損なう可能性があれば、早期に特定する必要があります。地盤、流水路、地表水の流れを監視し、パフォーマンスに影響が現れる前に構造上の異常を検出することが重要です。こうしたすべてが、リスク軽減と安全性向上につながります。

    ダムの監視

    老朽化した建築物、想定外の降雨、および地震活動は、水資源や水道事業の運営に大きな打撃を与え、事業者の給水停止や危機的状況が発生する可能性もあります。ダムの自動安全管理プログラムは、リアルタイムのインサイト用の最先端のIoT監視と運用インテリジェンスを備え、お客様のダムのポートフォリオのリスク軽減を実現します。ダムのモニタリング ページをご覧ください。

    推奨ソフトウェア

    ダム構造物の計画と設計

    現在の複雑なダムインフラでは、プロジェクトのライフサイクル全体にわたって、エンジニアリングチーム間の分野を超えたコラボレーションが必要です。その際の統合と情報管理には、ビルディング情報モデリング(BIM)を活用できます。また、視覚化を通じて、エンジニアは設計の代替案を簡単に検討できます。

    推奨ソフトウェア

    有限要素解析

    ダムインフラが安全であることを保証するには応力解析を実施しますが、有限要素解析プログラムを使用することで、精度と速度が向上します。エンジニアはこれを使用して、信頼性とレジリエンスが重要になる場面で、安全性とパフォーマンスに関する包括的な調査を実施します。構造部の全体的な挙動をシミュレーションすることで、単に法規上の規格を満たすために解析を行った場合よりも、安全かつ費用対効果の高い設計を実現できます。

    推奨ソフトウェア

    注目のユーザー事例

    ディアブロダムのリアリティモデリング画像

    HDR

    ディアブロダムのデジタルツインモデリング

    2017年にカリフォルニア州オーロビルでダムが越流し、18万人以上の住民が避難しました。

    ポンプ場の設計

    地下ポンプ場

    150万人もの住民への給水

    Bentleyの共同作業に適した3Dモデリングアプリケーションを活用して、設計ミスを95%削減し、1,000万人民元を節約しました。

    湖水地方におけるAEGEAの下水道網の拡大

    AEGEA

    SewerGEMSで下水道網の拡張を最適化

    マスタープランでは、58%低いコストで普及率90%に達する見込み

    「私が感銘を受けたのは、デジタルツインにより、忠実度の高い画像とデータにアクセスできる点です。ダムはより安全になり、データを安全かつ効率的に取得できるようになりました」

    – HDR、アソシエイトバイスプレジデント兼データ収集部門統合ディレクタ、Carlos Femmer氏

配水

システムとしての水道インフラの機能を理解することが重要です。使いやすい意思決定支援機能を通じて情報を迅速に入手し、気候変動、人口増加、運用戦略、緊急時対策に関する計画を策定できます。

水道システムの計画と設計

Bentleyの水理学/水文学のソフトウェアは、世界中の上下水道事業者、政府、エンジニアリング企業から信頼を集めており、マスタープランの作成、土地開発プロジェクトのサポート、配水ネットワークの迅速かつ正確な設計、水道システム拡張の設計と最適化に活用されています。高度な相互運用性、シナリオ管理、水理シミュレーション、モデル管理は、変化の激しい環境で非常に複雑なインフラストラクチャを管理するエンジニアに高く評価されています。

推奨ソフトウェア

資本計画

リスクに基づいて配管のリニューアルを判断するには、資産のリスクが非常に高い状態にあり、優先的に交換する必要があるという根拠を示さなければなりません。優先順位の低い資産には、安全性と信頼性が確保されているという証拠が必要です。資本計画において最善の意思決定を行うには、まずリスクシナリオを評価し、不具合が発生する可能性と結果を計算します。最新のデータに基づいた証拠によって意思決定を正当化することで、計画を最適化し、確信を持って結果を関係者に示すことができます。

推奨ソフトウェア

水道システムの運用の監視

システムの現在の状態とパフォーマンスを解析、シミュレーション、予測できます。配水ネットワークとポンプ場のデジタルツインは、サービス中断の削減、無収水損失の低減、規制コンプライアンスの確保、リスクの軽減に役立ちます。コネクトデータ環境内でデータを掌握し、意思決定をより適切かつ迅速に行うことができます。

推奨ソフトウェア

注目のユーザー事例

草木と住宅の航空写真

Companhia Águas de Joinville(CAJ)(ブラジル)

干ばつ時の緊急対応計画

水理モデルを使用して、285 kmのパイプラインネットワークにおける干ばつ状態をシミュレーションしています。

水処理プラント

Larsen and Toubro(インド)

給水計画(表流水処理)

L&Tは、388の村落にわたって1,400万人以上の住民に安全な飲料水を供給するための給水システムを設計しました。

水道網の図

DC Water

可視性の向上

デジタルツインは運用費と設備投資の削減に役立つとともに、データの可視性の向上と解析により、無収水量の削減にも役立ちます。

「DC Waterでは、水道インフラのデジタルツインを導入して、運用面と財務面のレジリエンスを高めています」

– DC Water、P.E.兼シニア水理モデリングリーダー、Alireza Parhami氏

下水および雨水の回収

健康的なコミュニティ、安全で効率的な衛生設備、エネルギー使用量の削減、二酸化炭素排出量ネットゼロの実現を念頭に、Bentleyは、激しい降雨や過酷な気象条件に対応できる雨水システムを設計しています。最先端ソフトウェアによってさまざまな新しいアイデアに対応できます。

下水道ネットワークのエンジニアリング - 計画と設計

リスクを軽減し、規制を遵守できます。水理学/水文学エンジニアリングに基づく2Dまたは3D複合下水道システムが、計画、解析、設計の実現を支援し、シナリオとモデルの包括的な管理、キャリブレーションの最適化、容量の改善、下水道の氾濫の抑制につながります。複雑な雨水システムを解析し、降雨、流出、重力、圧力、取水口での取り込みやバイパス、調整池、排水溝構造、開水路、カルバートの影響をモデル化できます。下水道システムに関わりのあるものはすべて、コミュニティの健康に影響する可能性があります。常に最適な選択を心がけることが重要です。

推奨ソフトウェア

下水道ネットワークの運用

全体像を把握して、迅速かつ正確に意思決定を行うことができます。プラントモデル、ポンプ場モデル、水理モデル、エンジニアリングデータ、地理空間データをリアルタイムSCADAと統合できます。多数の計装機器とIoTセンサーを使用して、ビジネスをインテリジェントに運営できるように変革し、コミュニティの重要な下水道サービスを維持する必要があります。今こそ、下水および雨水インフラのデジタルツインを作成しましょう。Bentleyがお客様を支援します。

推奨ソフトウェア

洪水リスクの評価と軽減

高潮、激しい降雨、浸水、表面流出、水路流動、地下水流動による地域での洪水をシミュレーションします。都市部、河川域、沿海部における洪水リスクを軽減できます。河川流量と洪水の規模を計算し、洪水危険度を推定できます。優れた事業者が活用しています。次はお客様の番です。 

推奨ソフトウェア

注目のユーザー事例

Quattrone & Associates

Quattrone & Associates

雨水ネットワーク設計ソリューション

OpenFlows™ StormCAD®を使用することで、10,000米ドルを節減しながら、6か月の建設遅延の可能性を回避

プネー(インド)の雨水計画

Primove Infrastructure Development Consultants

11の村落のための雨水マスタープラン(インド、プネー)

調整と現場に関する課題に直面したPrimoveは、広範囲の作業を管理し、最適なネットワーク設計を決定するためにデジタルコンテキストが必要であることに気が付きました。

湖水地方におけるAEGEAの下水道網の拡大

AEGEA

SewerGEMSで下水道網の拡張を最適化

マスタープランでは、58%低いコストで普及率90%に達する見込み

「配水システムと下水回収システムは、世間一般の人々にとっては優先事項として思い浮かばないかもしれませんが、都市化の拡大と健康的な生活の推進に欠かせないインフラです。ARC Advisory Groupによる広範な市場調査によると、Bentley Systemsはそうしたシステムのエンジニアリング設計ソフトウェア分野における世界的リーダーです」

– ARC Advisory Group、エンタープライズソフトウェア担当バイスプレジデント、Ralph Rio氏(2022年6月)

上下水処理プラント

エネルギーフットプリントの最少化(またはゼロ化)、ゼロエミッション、100%の水再利用(水使用量ゼロ)を実現します。今日のクラス最高レベルの処理施設は、環境への影響を配慮した設計の最先端を行っています。

複数の分野にまたがる計画、設計、およびプロジェクトデリバリ

共同作業に適した設計とBIMを活用して、新しい上下水道処理プラントの設計に必要な時間とコストを削減できます。プロジェクトチームによるオンラインでの共同作業やオフラインでの個別作業をサポートする環境を使用することで、迅速性と柔軟性が向上します。自動干渉チェック、バージョン比較、問題解決を実施しながら、配管、HVAC、機械および電気機器の3D設計を作成できます。

推奨ソフトウェア

オペレーションインテリジェンス

今日のプラント構造物でパフォーマンス、エネルギー効率、化学物質管理、リスク解析を改善するには、運用インテリジェンスが必要です。物理資産を仮想資産と連携させ、高度な解析、機械学習、シミュレーション、モデリングを使用することで、運用に関してより的確な意思決定ができます。最小限のコストで最大限のパフォーマンスを実現できます。

推奨ソフトウェア

アセットパフォーマンスを視覚的に管理

プラントのデジタルツインと、リスクに基づく信頼性および完全性管理戦略を組み合わせることで、資産インテリジェンスをすぐに利用でき、意思決定が改善します。プラントやポンプ場のデジタルツインは、安全性、信頼性、コスト効率に優れ、コンプライアンスに準拠した、リスクのない運用を実現するのに役立ちます。

推奨ソフトウェア

注目のユーザー事例

CISMの下水処理プラント

Cism Consulting

カショエイラ下水処理場(ブラジル、サンパウロ州オランブラ)

オランブラの下水道システムを拡張および改善するために、Cismは、各部門で作成された3Dモデルを統合し、BIMワークフローを提供できるBentleyのリアルタイムソリューションを使用しました。

F. Wayne Hill水資源センター

JACOBS

F. Wayne Hill水資源センター(米国、ジョージア州グイネット郡)

既存の流量と処理容量を拡大することを目的に、複雑な改築プロジェクトの設計を請け負ったエンジニアたちは、リモートで対応するチームとの調整という課題に直面しました。しかも、既存の竣工時モデルは旧式で限られた機能しか備えていないという問題もありました。

Brown and Caldwellの水処理プラント

Brown and Caldwell

完全なコラボレーションプロジェクトにおけるデジタルツインの実装

エンジニアは、多種多様な設計ツールの統合や、設計から建設、運用、メンテナンスにわたる継続的なデータの応用という課題にも直面していました。

「Bentley Systemsは、資産ライフサイクル全体にわたってメンテナンス業務と計画を改善することを目指し、Bentleyの設計エンジニアリングと資産パフォーマンスに関する専門知識と機能を組み合わせた、信頼性の高い業界固有のソフトウェアソリューションを複数構築しています。このような業界重視の姿勢により、電力T&D、鉱業、上下水道など多くの主要産業で、Bentleyは信頼性の高いソフトウェアの主要サプライヤとなりました」

– ARC Advisory Group、シニアアナリスト、Interpreet Shoker氏

ダム

ダムを安全に保つことは、社会と環境を保護することを意味します。挙動の変化によって構造健全性を損なう可能性があれば、早期に特定する必要があります。地盤、流水路、地表水の流れを監視し、パフォーマンスに影響が現れる前に構造上の異常を検出することが重要です。こうしたすべてが、リスク軽減と安全性向上につながります。

ダムの監視

老朽化した建築物、想定外の降雨、および地震活動は、水資源や水道事業の運営に大きな打撃を与え、事業者の給水停止や危機的状況が発生する可能性もあります。ダムの自動安全管理プログラムは、リアルタイムのインサイト用の最先端のIoT監視と運用インテリジェンスを備え、お客様のダムのポートフォリオのリスク軽減を実現します。ダムのモニタリング ページをご覧ください。

推奨ソフトウェア

ダム構造物の計画と設計

現在の複雑なダムインフラでは、プロジェクトのライフサイクル全体にわたって、エンジニアリングチーム間の分野を超えたコラボレーションが必要です。その際の統合と情報管理には、ビルディング情報モデリング(BIM)を活用できます。また、視覚化を通じて、エンジニアは設計の代替案を簡単に検討できます。

推奨ソフトウェア

有限要素解析

ダムインフラが安全であることを保証するには応力解析を実施しますが、有限要素解析プログラムを使用することで、精度と速度が向上します。エンジニアはこれを使用して、信頼性とレジリエンスが重要になる場面で、安全性とパフォーマンスに関する包括的な調査を実施します。構造部の全体的な挙動をシミュレーションすることで、単に法規上の規格を満たすために解析を行った場合よりも、安全かつ費用対効果の高い設計を実現できます。

推奨ソフトウェア

注目のユーザー事例

ディアブロダムのリアリティモデリング画像

HDR

ディアブロダムのデジタルツインモデリング

2017年にカリフォルニア州オーロビルでダムが越流し、18万人以上の住民が避難しました。

ポンプ場の設計

地下ポンプ場

150万人もの住民への給水

Bentleyの共同作業に適した3Dモデリングアプリケーションを活用して、設計ミスを95%削減し、1,000万人民元を節約しました。

湖水地方におけるAEGEAの下水道網の拡大

AEGEA

SewerGEMSで下水道網の拡張を最適化

マスタープランでは、58%低いコストで普及率90%に達する見込み

「私が感銘を受けたのは、デジタルツインにより、忠実度の高い画像とデータにアクセスできる点です。ダムはより安全になり、データを安全かつ効率的に取得できるようになりました」

– HDR、アソシエイトバイスプレジデント兼データ収集部門統合ディレクタ、Carlos Femmer氏

「Bentleyのソフトウェアにより、都市の上下水道、雨水処理システム、海水浴場の水システムのデジタルツインモデルを作成して、洪水と水質の問題を予測し、都市の対応とレジリエンスを向上させました」

Águas e Energia do Porto、IT・イノベーション担当ディレクタ、Pedro Vieira氏