ホーム / すべてのソフトウェア/ 産業 / 都市・キャンパス・空港

都市・キャンパス・空港

都市・キャンパス・空港

デジタル資産の再創造

意思決定とビジネス成果の改善に必要な可視性と情報を得られます。

注目のソリューション

コネクトデータ、合理化されたワークフロー、資産のパフォーマンスと効率の向上により、空港を変革します。 エンジニアリング、空間、エンタープライズのデータを関係者向けのデジタルツインに統合します。

Explore Airport Planning Solutions

アクセス性と実用性に優れたデータ

チーム、関係者、サプライチェーンの支援

現実の世界と仮想世界をつなぎ、デジタル資産の計画、設計、構築、運用を改善します。

エンタープライズデータの接続・結合・管理

さまざまなソースや形式、規模、複雑性のデータを接続、結合、監視します。このようなデータには、ビジネスシステムやIoT接続デバイスから取得したポイントクラウド、リアリティモデルやBIMモデル、運用のデータがあります。資産、開発、プロジェクトに関するリアルタイムの空間的インサイトを提供し、さまざまな関係者のデジタルワークフローを実現します。

ワークフローのデジタル化

運用資産、開発計画案、進行中のプロジェクトを1つの空間ビューで表現することで、チームに視覚的に没入感のある体験を提供します。現実世界におけるオブジェクト間の関係性の確認、プロジェクトの進捗の監視、遠隔検査を通じた担当者の危険で過酷な場所での滞在時間の短縮や、使用中の資産のパフォーマンスへの影響なしの運用シナリオの最適化ができます。

インサイトを得て的確な意思決定を実現

資産の運用期間全体を通じた多分野にわたるデータの検査、解析、レポート作成ができます。チームや関係者が情報の検索と評価にかける時間と労力を節約でき、計画、設計、デリバリ、運用パフォーマンスに関する意思決定を改善するために必要な可視性とインサイトが得られます。

知識を集約して議論し、データに基づいて意思決定を行うことで、市民の生活がより良いものとなるよう取り組んでいます。

ヘルシンキ市行政局(City Executive Office)
Helsinki 3D+プロジェクトマネージャ兼アーキテクト
Jarmo Suomisto氏

  • 都市システム
  • デジタルツインで都市を再創造

    資産や建物の所有者、行政機関、開発者、市民との連携を図りましょう。都市や地区の規模の計画策定や可視化、交通機関や歩行者交通の最適化、レジリエンス戦略の策定、公共事業の管理、市民の生活の質の向上の支援を効率的に行えます。

    都市、地区、地域をデジタルで進化させる

    ソースや形式、複雑性に関係なく、データを統合し、一元化できます。既存のデータから始めて、地理空間データ、リアリティモデル、2Dおよび3DのCADおよびBIM情報、IoTコネクテッドデバイスからのビッグデータなど、ニーズやキャパシティに応じて追加できます。

    画像提供: ヘルシンキ市

    連携し、効果的にフィードバックを収集する

    資産や建物の所有者、行政機関、開発者、市民との連携を図りましょう。Web、モバイルデバイス、デスクトップで情報を公開して、チームや関係者にグローバルまたはローカルのプロジェクトの概要を説明し、コメントやフィードバックを収集すれば、意思決定に役立ちます。

    意思決定を改善し、結果を出す

    都市計画、都市開発、都市運営のコミュニケーション、取り組み、意思決定を改善しましょう。スマートダッシュボードやプロジェクトポータルを作成して利用し、IoTコネクテッドセンサーからの生の情報を統合して、3Dマップやプロジェクトビューに取り込み、オブジェクトやコンポーネント内の属性やメタデータを表示できます。

    注目のユーザー事例

    フィンランド、ヘルシンキ上空からの眺め

    フィンランド、ヘルシンキ市

    Helsinki 3D+

    サーフェスモデルと地形モデルで都市全体の
    3Dリアリティメッシュを実現しています。Helsinki 3D+は、オープンデータポリシーを掲げ、知識を集約して議論を重ねることで、市民の生活がより良いものとなるよう取り組んでいます。

    シンガポールのビルの眺め

    シンガポール

    国家規模のデジタルツイン

    シンガポール土地管理局の国家規模のデジタルツインには、国内の公道を網羅する25テラバイトを超えるデータが組み込まれており、継続的な更新によって都市計画が前進し、年間1,300万米ドル相当の節約を実現しています。

    ポルトガル、ポルト市へとつながる橋

    ポルト(ポルトガル)

    イノベーションへの取り組み

    ポルト市はイノベーションとコラボレーションを促進させています。この都市は、民間部門が可能性を実現する一助となることを示す事例となるべく、大規模な取り組みをテストし、実践する実験場になっています。

    「自分たちの街の安全や地域社会における新規開発プロジェクトなどへの市民の参加を促すうえで、インタラクティブな仮想環境とデジタルツインがいかに役立つかを改めて見直しているところです。都市における計画と市民参画の未来に向けた新たな基準が確立されています」

    - ダブリン市議会、スマートシティ担当プログラムマネージャ – Jamie Cudden氏

  • キャンパス
  • 企業や教育機関の構内をデジタル化

    構内の関係者、行政機関、開発者、市民との連携を図りましょう。構内規模の計画策定や可視化、混雑や移動方法の最適化、レジリエンス戦略の策定、土木工事
    プロジェクトの管理、構内の快適性向上の支援を効率的に行いましょう。

    データサイロを連携

    CAD、BIM、リアリティモデル、地理空間情報、IoTコネクテッドデバイスからの運用データなど、既存のエンジニアリングデータや空間データ、エンタープライズデータから実物そっくりのデジタルツインを作成できます。

    データの可視性の向上

    3Dデジタルツインでさまざまな計画や運用シナリオを作成し、可視化、解析することで、可視性を高め、最適な意思決定を行うために必要なインサイトが得られます。

    スマートな空間の実現

    人、場所、建物、デバイスの間の関係性をモデル化し、シミュレーションを行って、都市計画、空間利用、モビリティに関する従来のアプローチを見直しましょう。

    注目のユーザー事例

    ロイヤルホロウェイのキャンパスの建物を見る男性

    LandScope Engineering

    ロイヤルホロウェイのキャンパスのデジタルツイン

    地上と地下の資産を1つのビューにまとめることで、関係者間の連携が強化され、重複が避けられ、コストが抑えられています。

    ミラノイノベーションディストリクト(MIND)の上空からの写真

    Systematica

    ミラノイノベーションディストリクト(MIND)

    Systematicaは、60,000人以上が暮らす多目的用途
    キャンパスを、持続可能性が高くマルチモーダルな
    アプローチで、ミラノの交通インフラに効果的に統合する方法を模索しました。

    ペンシルベニア州立大学キャンパスの建物の眺め

    ペンシルベニア州立大学

    バーチャルキャンパス

    完全に統合されたバーチャルモデルにより、施設管理者は作業指示の正確な位置を視覚的に把握できるようになり、応答時間を増やし、パフォーマンスを高めて、資産メンテナンスとキャンパス管理を以前より効率良く行っています。

    「Siemensstadt 2.0はパンデミック下で始まったのではありません。このプロジェクトは、Siemensが誕生した場所、Siemensの大規模な伝統的な建物、工場、研究開発施設、本社がある場所を保存し、市民に向けて、そしてパートナーに向けて開放するという計画のもとで、はるか以前に開始されていました。これはキャンパスのようなものであり、この規模のキャンパスプロジェクトで設計、建設、保守のライフサイクル全体を通じた1つのデジタルスレッドを実現するのは初の試みです」

    – Siemens、スマートインフラストラクチャ、CEO – Matthias Rebellius氏

  • 空港と港湾
  • デジタルツインで実現する未来の空港と港湾

    資産や関連サービスの安全性、持続可能性、レジリエンスを最適化して、需要の変化、運用条件のばらつき、コスト上昇などのさまざまな課題を克服し、スマートな働き方を実現しましょう。これからの空港や港湾の持続可能性、コスト効率、アクセシビリティを高めるためにすべての関係者が必要とする可視性とインサイトを獲得できます。

    ワークフローのデジタル化

    2D図面、BIMおよびGIS情報、リアリティモデル、ビッグデータなど、ソースや形式、規模、複雑性を問わず、エンタープライズデータやシステムを接続、統合、管理することで、アクセス性を高め、信頼を構築し、価値を最大限に高めるデジタルワークフローを実現できます。

    有用な情報の入手

    運用資産、開発計画案、進行中のプロジェクトを1つのインコンテキストビューにまとめて、チームに視覚的に没入感のある体験を提供でき、使いやすいWebベースのツールやゲームのようなナビゲーション、ペルソナに応じた表示を活用することで、コラボレーションやコミュニケーションを効率化できます。

    意思決定を改善

    施設の資産のライフサイクル全体を通じた多分野にわたるデータの検査、解析、レポート作成を行うことで、ユーザーが信頼できる情報の検索と検証に費やす時間と労力を節約できます。得られたインサイトの活用が、優れたビジネス成果を実現するためのより良い意思決定につながります。

    注目のユーザー事例

    Maps@SYDのスクリーンショット

    シドニー空港

    Maps@SYD

    シドニー空港はMaps@SYDで、デジタルツインの開発に向けて踏み出しました。このプロジェクトは、効率性の向上、品質の向上、コストの削減に役立っています。

    往来の多い空港誘導路上の長距離歩道橋の建設

    Clark Construction

    シータックのデジタルツイン

    Clark Constructionでは施工手順のデジタルツインを作成し、往来の多い空港誘導路上に設けられる世界最長となる歩道橋の架設作業の最適化に役立てています。

    Hubein International Logistics Airportの上空からの写真

    Hubei International Logistics Airport

    花湖空港プロジェクト

    Hubei International Logistics Airportのチームは、複数のソースからの3Dモデル、属性、ドキュメントに対応するデジタルツインを構築することで、6,000件の問題を解決でき、2億人民元のコスト削減と、モデルデリバリの90日間短縮を実現しています。

    「BentleyのSYNCHRO 4Dを業界専門家の知識および最先端建設技術と併用し、空港の誘導路の上にかかる世界最長の空中歩廊を遠隔組み立てして、輸送、設置するためのデジタルプランニングを行いました。」

    – Clark Construction Group, LLC、バイスプレジデント – Brian Krause氏

デジタルツインで都市を再創造

資産や建物の所有者、行政機関、開発者、市民との連携を図りましょう。都市や地区の規模の計画策定や可視化、交通機関や歩行者交通の最適化、レジリエンス戦略の策定、公共事業の管理、市民の生活の質の向上の支援を効率的に行えます。

都市、地区、地域をデジタルで進化させる

ソースや形式、複雑性に関係なく、データを統合し、一元化できます。既存のデータから始めて、地理空間データ、リアリティモデル、2Dおよび3DのCADおよびBIM情報、IoTコネクテッドデバイスからのビッグデータなど、ニーズやキャパシティに応じて追加できます。

画像提供: ヘルシンキ市

連携し、効果的にフィードバックを収集する

資産や建物の所有者、行政機関、開発者、市民との連携を図りましょう。Web、モバイルデバイス、デスクトップで情報を公開して、チームや関係者にグローバルまたはローカルのプロジェクトの概要を説明し、コメントやフィードバックを収集すれば、意思決定に役立ちます。

意思決定を改善し、結果を出す

都市計画、都市開発、都市運営のコミュニケーション、取り組み、意思決定を改善しましょう。スマートダッシュボードやプロジェクトポータルを作成して利用し、IoTコネクテッドセンサーからの生の情報を統合して、3Dマップやプロジェクトビューに取り込み、オブジェクトやコンポーネント内の属性やメタデータを表示できます。

注目のユーザー事例

フィンランド、ヘルシンキ上空からの眺め

フィンランド、ヘルシンキ市

Helsinki 3D+

サーフェスモデルと地形モデルで都市全体の
3Dリアリティメッシュを実現しています。Helsinki 3D+は、オープンデータポリシーを掲げ、知識を集約して議論を重ねることで、市民の生活がより良いものとなるよう取り組んでいます。

シンガポールのビルの眺め

シンガポール

国家規模のデジタルツイン

シンガポール土地管理局の国家規模のデジタルツインには、国内の公道を網羅する25テラバイトを超えるデータが組み込まれており、継続的な更新によって都市計画が前進し、年間1,300万米ドル相当の節約を実現しています。

ポルトガル、ポルト市へとつながる橋

ポルト(ポルトガル)

イノベーションへの取り組み

ポルト市はイノベーションとコラボレーションを促進させています。この都市は、民間部門が可能性を実現する一助となることを示す事例となるべく、大規模な取り組みをテストし、実践する実験場になっています。

「自分たちの街の安全や地域社会における新規開発プロジェクトなどへの市民の参加を促すうえで、インタラクティブな仮想環境とデジタルツインがいかに役立つかを改めて見直しているところです。都市における計画と市民参画の未来に向けた新たな基準が確立されています」

- ダブリン市議会、スマートシティ担当プログラムマネージャ – Jamie Cudden氏

企業や教育機関の構内をデジタル化

構内の関係者、行政機関、開発者、市民との連携を図りましょう。構内規模の計画策定や可視化、混雑や移動方法の最適化、レジリエンス戦略の策定、土木工事
プロジェクトの管理、構内の快適性向上の支援を効率的に行いましょう。

データサイロを連携

CAD、BIM、リアリティモデル、地理空間情報、IoTコネクテッドデバイスからの運用データなど、既存のエンジニアリングデータや空間データ、エンタープライズデータから実物そっくりのデジタルツインを作成できます。

データの可視性の向上

3Dデジタルツインでさまざまな計画や運用シナリオを作成し、可視化、解析することで、可視性を高め、最適な意思決定を行うために必要なインサイトが得られます。

スマートな空間の実現

人、場所、建物、デバイスの間の関係性をモデル化し、シミュレーションを行って、都市計画、空間利用、モビリティに関する従来のアプローチを見直しましょう。

注目のユーザー事例

ロイヤルホロウェイのキャンパスの建物を見る男性

LandScope Engineering

ロイヤルホロウェイのキャンパスのデジタルツイン

地上と地下の資産を1つのビューにまとめることで、関係者間の連携が強化され、重複が避けられ、コストが抑えられています。

ミラノイノベーションディストリクト(MIND)の上空からの写真

Systematica

ミラノイノベーションディストリクト(MIND)

Systematicaは、60,000人以上が暮らす多目的用途
キャンパスを、持続可能性が高くマルチモーダルな
アプローチで、ミラノの交通インフラに効果的に統合する方法を模索しました。

ペンシルベニア州立大学キャンパスの建物の眺め

ペンシルベニア州立大学

バーチャルキャンパス

完全に統合されたバーチャルモデルにより、施設管理者は作業指示の正確な位置を視覚的に把握できるようになり、応答時間を増やし、パフォーマンスを高めて、資産メンテナンスとキャンパス管理を以前より効率良く行っています。

「Siemensstadt 2.0はパンデミック下で始まったのではありません。このプロジェクトは、Siemensが誕生した場所、Siemensの大規模な伝統的な建物、工場、研究開発施設、本社がある場所を保存し、市民に向けて、そしてパートナーに向けて開放するという計画のもとで、はるか以前に開始されていました。これはキャンパスのようなものであり、この規模のキャンパスプロジェクトで設計、建設、保守のライフサイクル全体を通じた1つのデジタルスレッドを実現するのは初の試みです」

– Siemens、スマートインフラストラクチャ、CEO – Matthias Rebellius氏

デジタルツインで実現する未来の空港と港湾

資産や関連サービスの安全性、持続可能性、レジリエンスを最適化して、需要の変化、運用条件のばらつき、コスト上昇などのさまざまな課題を克服し、スマートな働き方を実現しましょう。これからの空港や港湾の持続可能性、コスト効率、アクセシビリティを高めるためにすべての関係者が必要とする可視性とインサイトを獲得できます。

ワークフローのデジタル化

2D図面、BIMおよびGIS情報、リアリティモデル、ビッグデータなど、ソースや形式、規模、複雑性を問わず、エンタープライズデータやシステムを接続、統合、管理することで、アクセス性を高め、信頼を構築し、価値を最大限に高めるデジタルワークフローを実現できます。

有用な情報の入手

運用資産、開発計画案、進行中のプロジェクトを1つのインコンテキストビューにまとめて、チームに視覚的に没入感のある体験を提供でき、使いやすいWebベースのツールやゲームのようなナビゲーション、ペルソナに応じた表示を活用することで、コラボレーションやコミュニケーションを効率化できます。

意思決定を改善

施設の資産のライフサイクル全体を通じた多分野にわたるデータの検査、解析、レポート作成を行うことで、ユーザーが信頼できる情報の検索と検証に費やす時間と労力を節約できます。得られたインサイトの活用が、優れたビジネス成果を実現するためのより良い意思決定につながります。

注目のユーザー事例

Maps@SYDのスクリーンショット

シドニー空港

Maps@SYD

シドニー空港はMaps@SYDで、デジタルツインの開発に向けて踏み出しました。このプロジェクトは、効率性の向上、品質の向上、コストの削減に役立っています。

往来の多い空港誘導路上の長距離歩道橋の建設

Clark Construction

シータックのデジタルツイン

Clark Constructionでは施工手順のデジタルツインを作成し、往来の多い空港誘導路上に設けられる世界最長となる歩道橋の架設作業の最適化に役立てています。

Hubein International Logistics Airportの上空からの写真

Hubei International Logistics Airport

花湖空港プロジェクト

Hubei International Logistics Airportのチームは、複数のソースからの3Dモデル、属性、ドキュメントに対応するデジタルツインを構築することで、6,000件の問題を解決でき、2億人民元のコスト削減と、モデルデリバリの90日間短縮を実現しています。

「BentleyのSYNCHRO 4Dを業界専門家の知識および最先端建設技術と併用し、空港の誘導路の上にかかる世界最長の空中歩廊を遠隔組み立てして、輸送、設置するためのデジタルプランニングを行いました。」

– Clark Construction Group, LLC、バイスプレジデント – Brian Krause氏

インフラストラクチャの提供とパフォーマンスの卓越性を称える

2024 Year in Infrastructure & Going Digital Awards

インフラ分野で最も権威のある賞にプロジェクトをノミネートしましょう! 応募期限は4月 29日です。