Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / ES(D)Gの / ESDG(社会・社会・社会貢献活動)/ 気候変動に具体的な対策を / 吸着・酸化バリアによる有機塩素・炭化水素の浄化
水資源保全と気候レジリエンスのストーリーをもっと見る

吸着・酸化バリアによる有機塩素・炭化水素の浄化

Geoambienteは、水文地質学的モデルを開発し、よりクリーンな帯水層とより安全な飲料水を実現

持続可能性への挑戦

気候変動対策と土地・水資源

真ん中に黄色い円が描かれた建物の 3dモデル。

ストーリーのハイライト

関連する国連の持続可能な開発目標(SDGs)

SDG目標6 水と衛生

SDG目標9 産業と技術革新お基盤をつくろう

SDG目標 15 陸の豊かさを守ろう ロゴ

利用ソフトウェア

Leapfrog Works

場所

ブラジル

組織・会社

ジオアンビエンテS/A

1970年代後半、ブラジルの116000平方メートルの広大な工業団地が、農業機械と車両の製造を開始しました。何十年にもわたる機械加工、製造機械の設置、塗装、車両部品の洗浄、その他の工業プロセスにより、この地域は有機塩素と炭化水素の汚染物質で汚染されました。 これらのプルームは、飲料水の取得に使用される地域の帯水層に影響を与えていますが、汚染の全容は完全には理解されていません。 Geoambienteは、Leapfrogを使用して地域全体の水文地質学的モデルを開発し、汚染物質の発生源とその総質量を高い確実性で推定し、閉じ込め地帯や移動地帯をマッピングできるようにしました。 このモデルから得られた知識をもとに、同社は汚染物質の濃度が最も高い地域に吸収バリアを設置し、汚染物質レベルを大幅に低減しました。Geoambienteのソリューションは、わずか6か月で、ジクロロエチレンと塩化ビニルの完全な除去、ベンゼンの 99%削減、トリクロロエチレンの 72%削減など、汚染物質レベルを大幅に削減しました。 その結果、帯水層がきれいになり、飲料水が安全になります。