ホーム / ニュース / Bentley Systemsは、この Year in Infrastructure 2023をインフラストラクチャインテリジェンスの革新であると認識 / 2ページ

Bentley Systemsは、この Year in Infrastructure 2023をインフラストラクチャインテリジェンスの革新であると認識

Bentley Systemsは、この Year in Infrastructure 2023をインフラストラクチャインテリジェンスの革新であると認識

Bentleyインフラストラクチャクラウドは、エンジニアリングデータの価値を複合します。iTwin機能がBentleyオープンアプリケーションに追加されました。

プレスリリース

2023年10月12日

シンガポール – 2023年10月12日 – インフラストラクチャエンジニアリングソフトウェア企業の 合同会社ベントレー・システムズ(Nasdaq:BSY)は、毎年恒例のYear in Infrastructureカンファレンスで、2023年をインフラストラクチャインテリジェンスの「画期的な年」と表現しました。CEOのGreg Bentleyは、ユーザーのプロジェクトを引用して、インフラストラクチャ組織がインフラストラクチャインテリジェンス戦略を通じてエンジニアリングリソースのキャパシティギャップをどのように克服しているかを強調しました。 デジタルの進歩によって節約されたエンジニアリング時間を定量化するように求められたとき、 Going Digital Awardsのファイナリストは、中央値で 18%の大幅な節約を報告しました。

エンジニアリングデータは基盤として機能し、デジタルツインはインフラストラクチャインテリジェンスの構成要素として機能します。iTwin Platformを使用すると、Bentley Infrastructure Cloud(プロジェクトデリバリ用のProjectWise、建設用のSYNCHRO、資産運用用のAssetWise)のエンジニアリングデータを調整、照会、管理して、プロジェクトや資産のライフサイクル全体にわたってインフラストラクチャインテリジェンスを向上させることができます。 Bentley Systemsは、同社のエンジニアリングユーザーがそれぞれのProjectWise環境内で毎月少なくとも 100 00万個の新しい独自のデジタルコンポーネントを蓄積し、建設、運用、保守にわたってインフラストラクチャインテリジェンスの潜在的なメリットを享受していると推定しています。 デジタルツインが主流になりつつあることを示すものとして、iTwinを認めるGoing Digital Awardsのファイナリストの割合は、2023年に64%に上昇しました。

Greg Bentleyは、デジタルコンポーネントの再利用、地下モデリングの統合、エバーグリーンなデジタルツインへの組み込み、IoTセンサー、ドローン、さらにはクラウドソーシングなど、組織がデータの価値をさらに高めるために使用している複数のインフラストラクチャインテリジェンス戦略を強調しました。 また、 Going Digital Awardsのファイナリストやシンガポールの組織がAIを活用してインフラストラクチャインテリジェンスをどのように促進しているかについても説明しました。

シンガポールにおける画期的なインフラストラクチャインテリジェンス

2023年のYear in Infrastructure 会議の開催地であるシンガポールでは、意思決定と運用を最適化するためにデジタルツインが広く使用されています。

  • シンガポールの国家水道局であるPUBは、シンガポール国立研究財団が資金提供するプロジェクトでBentley Systemsと協力して、水道システムの異常や漏水をほぼリアルタイムで検出および特定する新しいシステムを開発しています。 忠実度の高いデジタルツイン、AIベースの予測モデル、水理ネットワークモデルのキャリブレーションとシミュレーションを通じて、このプロジェクトはネットワークのレジリエンスと節水の改善に役立つ可能性があります。
  • シンガポールの大手マルチモーダル公共交通事業者であるSMRT Trainsは、AssetWise Linear Analyticsソフトウェアを予測意思決定支援システムの基盤として使用し、メンテナンスに優先順位を付けています。 デジタルツインシステムにより、SMRTはメンテナンス展開を最適化することでサービスの信頼性目標を達成できるようになりました。
  • シンガポールの陸運局(LTA)は、Bentley SystemsのEMMEおよびDYNAMEQモビリティデジタルツインソフトウェアを、交通影響やスキーム分析のための運用交通モデルなど、長期および短期の計画に完全に活用しています。 これには、Bentley Systemsの AGENTベースの旅行需要モデルの使用も含まれます。
  • シンガポール土地管理局(SLA)は、デジタルツイン採用のリーダーです。SLAの測量およびジオマティクス担当ディレクターであるVictor Khoo博士はシンガポールの全国的なデジタルツインの旅について話し合い、航空測量からの0.225メートルの全土を網羅した正確なリアリティメッシュが、他のマッピングデータセットからの広範な入力とどのように組み込まれて都市の完全なデジタルツインを生成するかを共有するために Year in Infrastructure会議に参加しました。その後、シンガポールの持続可能性イニシアチブをサポートするために、複数の機関や研究機関と共有されます。

 

Bentleyインフラストラクチャクラウドによるインフラストラクチャインテリジェンスの高速化

Greg Bentleyの基調講演に続いて、Bentley Systemsの製品およびテクノロジーリーダーは、同社の製品が、ユーザーがデータからより優れたインフラストラクチャインテリジェンスを引き出すのにどのように役立つかを説明しました。

「ProjectWiseを含むBentley Infrastructure Cloudは、インフラストラクチャのデジタルツインを活用してデータを解き放ち、AIを適用してインフラストラクチャインテリジェンスを加速します」と最高製品責任者のマイクキャンベルは述べています。

WSPオーストラリアのデジタル担当グローバルディレクターであるHenry Okraglik氏は、Year in Infrastructure会議に参加し、Bentley Infrastructure Cloudを通じてデータ中心になることの利点を説明しました。

「デジタルが成熟するにつれて、Bentley Infrastructure Cloudの機能を活用して、建設のステージングと計画を改善し、プロジェクトフェーズ全体で数量データを追跡および Exports し、物理的な現場訪問の必要性を減らすことができました」とOkraglik氏は述べています。

たとえば、WSPは、ProjectWise、SYNCHRO、iTwin、その他のBentley製品を使用して、メルボルンの鉄道網プロジェクトでモデリング時間を60%短縮し、生産性を25%向上させ、二酸化炭素排出量を30%削減することができました。

iTwinによるベントレーオープンアプリケーションの進化

設計段階でデジタルツインの利点を体系的に導入するために、キャンベルは、MicroStationをはじめとするモデリングとシミュレーションのために、BentleyオープンアプリケーションにiTwin機能を追加することを発表しました。 iTwinの機能とワークフローがネイティブに統合されているため、Bentley Open Applicationsは設計プロセス中にデジタルツインを自動的に作成できるため、ユーザーはリアルタイムでのコラボレーション、変更の影響をよりシームレスに評価、やり直しの削減、インフラストラクチャインテリジェンスの迅速化を実現できます。  

「今日、デジタルツインは、インフラストラクチャ資産の構築と運用方法を実現する重要な要素です。 Bentley Open ApplicationsにiTwin搭載機能が搭載されることで、すべてのユーザーがデジタルツインテクノロジを活用して、設計時の効率と効果を向上させることができます」とキャンベル氏は述べています。

iTwin を搭載したジェネレーティブAI

インフラストラクチャインテリジェンスを加速するAIの可能性を取り入れた同社は、資産監視用のiTwinを搭載した既存の分析AI機能を強調し、設計用のジェネレーティブAIへの多面的なアプローチを明確にしました。 このアプローチは、ユーザーがBentley Infrastructure Cloudで保護された独自のエンジニアリングデータからこれまで以上に価値を引き出し、ジェネレーティブAIの可能性を最大限に引き出しながら、各アカウントが明示的なアクセスと制御を維持できるようにするという同社の取り組みに基づいています。

最高技術責任者(CTO)のJulien Moutte氏は、以前のプロジェクトの設計とデータを活用してエンジニアがサイトレイアウトをさらに最適化するのを支援するAI AGENT から始めて、インフラストラクチャエンジニアリング向けのジェネレーティブAIの例を紹介しました。 また、目的に合った注釈を使用して図面作成を自動化することで、プロジェクトの文書化に費やす時間を最小限に抑えるためにジェネレーティブAIを適用する方法も示しました。

「iTwinを搭載したジェネレーティブAI機能は、エンジニアがすでに行っている作業を強化することでエンジニアをサポートすると信じています。 iTwinは、より良い意思決定をサポートし、反復的なタスクを減らし、設計品質を向上させるための副操縦士になると考えています。 これは、現在のエンジニアがより多くの生産を行えるようにするだけでなく、よりやりがいのある仕事の経験を可能にし、将来のエンジニアがインフラストラクチャを進歩させるコミュニティに参加するように誘惑することで、エンジニアリングリソースの能力ギャップを埋めるのに役立ちます」とMoutte氏は述べています。

##

ベントレー・システムズについて

合同会社ベントレー・システムズ(Nasdaq:BSY)は、インフラストラクチャエンジニアリングソフトウェア企業です。世界経済と環境の両方を維持しつつ、世界のインフラを前進させる革新的なソフトウェアを提供しています。業界をリードするBentleyのソフトウェアソリューションは、専門家やあらゆる規模の組織によって、道路・橋梁、鉄道・輸送、上下水道、公共事業や公益事業、建物やキャンパス、鉱業、産業施設の設計、建設、運用に活用されています。インフラストラクチャのデジタルツイン向けの iTwin Platformを搭載した当社の製品には、モデリングとシミュレーション用の MicroStation およびBentley Openアプリケーション、ジオプロフェッショナル向けの Seequentソフトウェア 、プロジェクトデリバリ用のProjectWise 、建設管理用の SYNCHRO 、資産運用用の AssetWise を含むBentley Infrastructure Cloud が含まれます。  Bentley Systemsの 5,000 名の社員は、 194 か国で年間1 0億ドル以上の収益を生み出しています。

www.bentley.com

© 2023 ベントレー・システムズ Bentley、Bentleyのロゴ、Bentley Infrastructure Cloud、Bentley Open、AssetWise、iTwin、LumenRT、MicroStation、ProjectWise、Seequent、SYNCHROは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。

ベントレー・システムズについて

ベントレー・システムズ(Nasdaq:BSY)は、インフラストラクチャエンジニアリングソフトウェア企業です。世界経済と環境の両方を維持しつつ、世界のインフラを前進させる革新的なソフトウェアを提供しています。業界をリードするBentleyのソフトウェアソリューションは、専門家やあらゆる規模の組織によって、道路・橋梁、鉄道・輸送、上下水道、公共事業や公益事業、建物やキャンパス、鉱業、産業施設の設計、建設、運用に活用されています。インフラストラクチャのデジタルツイン向けの iTwin Platformを搭載した当社の製品には、モデリングとシミュレーション用の MicroStation およびBentley Openアプリケーション、ジオプロフェッショナル向けの Seequentソフトウェア 、プロジェクトデリバリ用のProjectWise 、建設管理用の SYNCHRO 、資産運用用の AssetWise を含むBentley Infrastructure Cloud が含まれます。  ベントレー・システムズの 5,000 名の社員は、 194 か国で年間1 0億ドル以上の収益を生み出しています。

報道機関お問い合わせ先: M[email protected]

© 2023Bentley Systems, Incorporated. Bentley、Bentleyのロゴ、Bentley Infrastructure Cloud、Bentley Open、AssetWise、Cohesive、iTwin、MicroStation、ProjectWise、Seequent、SYNCHROは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。