ホーム / OpenCities Map

OpenCities Map

OpenCities Mapソフトウェアのロゴ、白

OpenCities Map

都市システム向け地理空間ソフトウェア

地理空間環境でのエンジニアリングモデリング機能

2Dまたは3Dの地理空間環境で資産のモデル化と文書作成を効率的に行えます。OpenCities Map製品は、Oracle Spatial、SQL Server Spatial、PostgreSQL(PostGIS)、Esri(FGBD、ArcGIS ServerおよびOnline)など、最も一般的な空間データベースとシームレスかつ直感的に統合します。2Dおよび3Dデータセット全体で信頼性の高い唯一の情報源を確立し、アクセスが必要な関係者全員に最新のデータを提供できます。

*価格は地域によって異なります。その他のオプションについては、「ライセンスとサブスクリプション」を参照してください。

  • OpenCities Map PowerView
  • OpenCities Map PowerViewコンピュータソフトウェア画面のモックアップ

    OpenCities Map PowerViewとは

    OpenCities Map PowerViewでは、地図資産を閲覧し、2Dフィーチャを簡単に取得・編集することが可能です。GPSや編集機能もサポートし、フィーチャの編集が必要な現場業務に最適です。2D地理空間情報の閲覧と編集を行うためのエントリーレベルの製品です。OpenCities Map PowerViewは、CAD要素の作成ツールをフィーチャベース要素の作成ツールとして利用できる配置方法を提供します。CADユーザーは、引き続き使い慣れたMicroStationの機能を使ってフィーチャベースの地図要素を作成でき、新しいワークフローを習得する必要はありません。また、特定のニーズに合わせてカスタムの配置方法を作成することも可能です。

    機能

    インテリジェントな地理空間オブジェクトを作成

    フィーチャベースのモデリングによりMicroStationの機能を拡張し、CADベースの地図作成ワークフローを強化します。設計の高速化とエラーの回避を図り、配置方法をカスタマイズすることもできます。

    相互運用性の向上

    Oracle Spatial、Microsoft SQL Server、Esri File Geodatabase、ArcGIS ServerおよびOnline、PostgreSQL(PostGIS)、Web Feature Service(WFS)などの主要な空間データベースからのインポートや直接の問い合わせができ(読み取り専用)、さまざまなソースからの空間データへのシームレスで直感的なアクセスを提供します。最も一般的な空間データベースやデータ形式と統合できます。

    地理空間SDK開発プラットフォーム

    特定分野の専門家が、独自のニーズに合わせて、独自のカスタムGISアプリケーションを作成できます。OpenCities Mapは、カスタムGISソリューションの構築に必要な、基本的な地理空間機能とデータベース接続を提供します。

    より優れた地理空間ワークフロー

    高速ストリーミングとデータへの直接アクセスが可能なシームレスなワークフローで2Dデータを容易に編集、管理できます。

    インテリジェントな地理空間オブジェクト

    エンジニアリング品質の空間データを作成、保守するための、2D設計機能を提供します。

    空間情報を統合

    データの整合性を確保し、ビジネスルールを適用。地理空間情報を統合します。

    データシート

  • OpenCities Map Advanced
  • OpenCities Map Advancedコンピュータソフトウェア画面のモックアップ

    OpenCities Map Advancedとは

    OpenCities Map Advancedには、スキーマファイルを利用したフィーチャベースのモデリングワークフローを実現し、生産性を大幅に向上できるさまざまな機能が搭載されています。キャプチャする一連のフィーチャと、関連するプロパティ、記号、注釈、動作を定義できます。OpenCities Map Advancedは、MicroStation DGN形式をXFMで拡張することで、幾何学的プロパティとビジネスプロパティの精度を確保し、MicroStationの強力なツールへもアクセスできる環境を提供します。OpenCities Map Advancedが提供する配置方法を利用することで、CAD要素の作成ツールをフィーチャベース要素の作成ツールとして利用できます。CADユーザーは、引き続き使い慣れたMicroStationの機能を使ってフィーチャベースの地図要素を作成でき、新しいワークフローを習得する必要はありません。

    機能

    ビジネスプロパティによりフィーチャデータモデルを定義

    スキーマファイルを利用したフィーチャベースのモデリングワークフローを実現し、生産性を大幅に向上できるさまざまな機能が搭載されています。デスクトップソフトウェアを使い、キャプチャする一連のフィーチャと、関連するプロパティ、記号、注釈、動作を定義できます。

    最も一般的な空間データベースに接続

    地理空間、建築、エンジニアリング設計、ポイントクラウド、リアリティメッシュなどの非構造化データ、構造化データを含む3D都市モデルの編集、メンテナンス、管理を行います。最も一般的な空間データベースとシームレスに統合します。

    カスタマイズ可能なフィーチャ指向の配置方法

    CAD要素の作成ツールをフィーチャベース要素の作成ツールとして利用できます。引き続き使い慣れたMicroStationの機能を使ってフィーチャベースの地図要素を作成でき、新しいワークフローを習得する必要はありません。また、特定のニーズに合わせてカスタムの配置方法を作成することも可能です。

    2Dと3Dの空間情報を統合

    データの整合性を確保し、ビジネスルールを適用。地理空間情報を統合します。

    CAD標準を維持してインテリジェントなGISオブジェクトを作成

    インフラワークフローに必要な高精度の空間データを生成します。

    相互運用性の向上

    最も一般的な空間データベースやデータ形式と統合できます。

    デジタル化の成熟度を促進

    CAD図面を地理空間フィーチャにスマートに変換し、空間データベースにアップロードします。

    データシート

  • OpenCities Map Ultimate
  • OpenCities Map Ultimateコンピュータソフトウェア画面のモックアップ

    OpenCities Map Ultimateとは

    OpenCities Map Ultimateは、3D編集およびソリッドモデリングツールのすべてを搭載した、MicroStationの最上位エディションであり、2Dおよび3Dデータを使った空間解析およびプレゼンテーション機能のすべてを利用できます。これには、オブジェクト周囲にバッファを作成する機能、トポロジのオーバーレイを実行する機能、2Dおよび3Dの主題図を作成する機能、3Dでの不整合を検出する機能、日影および日照の解析を実行する機能などが含まれます。ラスター、STM、ポイントクラウド、リアリティメッシュなどのリアリティデータを操作してコンテキストを獲得することで、ワークフローを合理化し、意思決定をシンプルにして、効率よくプロジェクトを完了できます。OpenCities Map Ultimateは、リアリティデータを操作し、そこから情報を抽出するハイレベルのツールを提供します。分類機能を使って、3Dリアリティメッシュにセマンティック情報を簡単に付加できます。

    機能

    リアリティコンテキストを統合

    大規模なリアリティメッシュ、ポイントクラウド、スケーラブルな地形モデル、ラスターデータなどのリアリティモデリングデータを統合、処理、ストリーミングしてエンジニアリングCAD環境で使用できます。また、空間データベースへのネイティブ接続も可能です。

    最も一般的な空間データベースに接続

    地理空間、建築、エンジニアリング設計、ポイントクラウド、リアリティメッシュなどの非構造化データ、構造化データを含む3D都市モデルの編集、メンテナンス、管理を行います。最も一般的な空間データベースとシームレスに統合します。

    インテリジェントな地理空間オブジェクトを作成

    2Dおよび3D設計効率化機能を利用して、エンジニアリング品質の都市資産の空間データを作成、保守できます。

    地理空間ワークフローへのリアリティデータの統合を強化

    リアリティデータと連携してコンテキストを獲得し、ワークフローを合理化します。

    エンジニアリングデータとGIS環境を連携

    エンジニアリングデータをGIS環境内に取り込みます。

    相互運用性の向上

    最も一般的な空間データベースやデータ形式と統合できます。

    デジタル化の成熟度を促進

    CAD図面を地理空間フィーチャにスマートに変換し、空間データベースにアップロードします。

    データシート

OpenCities Map PowerViewコンピュータソフトウェア画面のモックアップ

OpenCities Map PowerViewとは

OpenCities Map PowerViewでは、地図資産を閲覧し、2Dフィーチャを簡単に取得・編集することが可能です。GPSや編集機能もサポートし、フィーチャの編集が必要な現場業務に最適です。2D地理空間情報の閲覧と編集を行うためのエントリーレベルの製品です。OpenCities Map PowerViewは、CAD要素の作成ツールをフィーチャベース要素の作成ツールとして利用できる配置方法を提供します。CADユーザーは、引き続き使い慣れたMicroStationの機能を使ってフィーチャベースの地図要素を作成でき、新しいワークフローを習得する必要はありません。また、特定のニーズに合わせてカスタムの配置方法を作成することも可能です。

機能

インテリジェントな地理空間オブジェクトを作成

フィーチャベースのモデリングによりMicroStationの機能を拡張し、CADベースの地図作成ワークフローを強化します。設計の高速化とエラーの回避を図り、配置方法をカスタマイズすることもできます。

相互運用性の向上

Oracle Spatial、Microsoft SQL Server、Esri File Geodatabase、ArcGIS ServerおよびOnline、PostgreSQL(PostGIS)、Web Feature Service(WFS)などの主要な空間データベースからのインポートや直接の問い合わせができ(読み取り専用)、さまざまなソースからの空間データへのシームレスで直感的なアクセスを提供します。最も一般的な空間データベースやデータ形式と統合できます。

地理空間SDK開発プラットフォーム

特定分野の専門家が、独自のニーズに合わせて、独自のカスタムGISアプリケーションを作成できます。OpenCities Mapは、カスタムGISソリューションの構築に必要な、基本的な地理空間機能とデータベース接続を提供します。

より優れた地理空間ワークフロー

高速ストリーミングとデータへの直接アクセスが可能なシームレスなワークフローで2Dデータを容易に編集、管理できます。

インテリジェントな地理空間オブジェクト

エンジニアリング品質の空間データを作成、保守するための、2D設計機能を提供します。

空間情報を統合

データの整合性を確保し、ビジネスルールを適用。地理空間情報を統合します。

データシート

OpenCities Map Advancedコンピュータソフトウェア画面のモックアップ

OpenCities Map Advancedとは

OpenCities Map Advancedには、スキーマファイルを利用したフィーチャベースのモデリングワークフローを実現し、生産性を大幅に向上できるさまざまな機能が搭載されています。キャプチャする一連のフィーチャと、関連するプロパティ、記号、注釈、動作を定義できます。OpenCities Map Advancedは、MicroStation DGN形式をXFMで拡張することで、幾何学的プロパティとビジネスプロパティの精度を確保し、MicroStationの強力なツールへもアクセスできる環境を提供します。OpenCities Map Advancedが提供する配置方法を利用することで、CAD要素の作成ツールをフィーチャベース要素の作成ツールとして利用できます。CADユーザーは、引き続き使い慣れたMicroStationの機能を使ってフィーチャベースの地図要素を作成でき、新しいワークフローを習得する必要はありません。

機能

ビジネスプロパティによりフィーチャデータモデルを定義

スキーマファイルを利用したフィーチャベースのモデリングワークフローを実現し、生産性を大幅に向上できるさまざまな機能が搭載されています。デスクトップソフトウェアを使い、キャプチャする一連のフィーチャと、関連するプロパティ、記号、注釈、動作を定義できます。

最も一般的な空間データベースに接続

地理空間、建築、エンジニアリング設計、ポイントクラウド、リアリティメッシュなどの非構造化データ、構造化データを含む3D都市モデルの編集、メンテナンス、管理を行います。最も一般的な空間データベースとシームレスに統合します。

カスタマイズ可能なフィーチャ指向の配置方法

CAD要素の作成ツールをフィーチャベース要素の作成ツールとして利用できます。引き続き使い慣れたMicroStationの機能を使ってフィーチャベースの地図要素を作成でき、新しいワークフローを習得する必要はありません。また、特定のニーズに合わせてカスタムの配置方法を作成することも可能です。

2Dと3Dの空間情報を統合

データの整合性を確保し、ビジネスルールを適用。地理空間情報を統合します。

CAD標準を維持してインテリジェントなGISオブジェクトを作成

インフラワークフローに必要な高精度の空間データを生成します。

相互運用性の向上

最も一般的な空間データベースやデータ形式と統合できます。

デジタル化の成熟度を促進

CAD図面を地理空間フィーチャにスマートに変換し、空間データベースにアップロードします。

データシート

OpenCities Map Ultimateコンピュータソフトウェア画面のモックアップ

OpenCities Map Ultimateとは

OpenCities Map Ultimateは、3D編集およびソリッドモデリングツールのすべてを搭載した、MicroStationの最上位エディションであり、2Dおよび3Dデータを使った空間解析およびプレゼンテーション機能のすべてを利用できます。これには、オブジェクト周囲にバッファを作成する機能、トポロジのオーバーレイを実行する機能、2Dおよび3Dの主題図を作成する機能、3Dでの不整合を検出する機能、日影および日照の解析を実行する機能などが含まれます。ラスター、STM、ポイントクラウド、リアリティメッシュなどのリアリティデータを操作してコンテキストを獲得することで、ワークフローを合理化し、意思決定をシンプルにして、効率よくプロジェクトを完了できます。OpenCities Map Ultimateは、リアリティデータを操作し、そこから情報を抽出するハイレベルのツールを提供します。分類機能を使って、3Dリアリティメッシュにセマンティック情報を簡単に付加できます。

機能

リアリティコンテキストを統合

大規模なリアリティメッシュ、ポイントクラウド、スケーラブルな地形モデル、ラスターデータなどのリアリティモデリングデータを統合、処理、ストリーミングしてエンジニアリングCAD環境で使用できます。また、空間データベースへのネイティブ接続も可能です。

最も一般的な空間データベースに接続

地理空間、建築、エンジニアリング設計、ポイントクラウド、リアリティメッシュなどの非構造化データ、構造化データを含む3D都市モデルの編集、メンテナンス、管理を行います。最も一般的な空間データベースとシームレスに統合します。

インテリジェントな地理空間オブジェクトを作成

2Dおよび3D設計効率化機能を利用して、エンジニアリング品質の都市資産の空間データを作成、保守できます。

地理空間ワークフローへのリアリティデータの統合を強化

リアリティデータと連携してコンテキストを獲得し、ワークフローを合理化します。

エンジニアリングデータとGIS環境を連携

エンジニアリングデータをGIS環境内に取り込みます。

相互運用性の向上

最も一般的な空間データベースやデータ形式と統合できます。

デジタル化の成熟度を促進

CAD図面を地理空間フィーチャにスマートに変換し、空間データベースにアップロードします。

データシート

注目のユーザー事例

リアリティモデリングソフトウェアのリソース

よくある質問

OpenCities Mapは、デジタルシティの 2Dおよび 3Dアセットを文書化およびモデル化するために使用される包括的な地理空間ソフトウェアです。 これにより、フェデレーション地理空間環境内でCADベースのマッピングワークフローが可能になります。

OpenCities Map PowerView、OpenCities Map Advanced、OpenCities Map Ultimateの価格は地域によって異なります。利用可能なライセンスにはさまざまな種類がありますが、一般的には、Bentleyのオンラインストアで販売される12か月の実務家向けライセンスが選ばれます。オンラインストアで購入すると、Virtuosoサブスクリプションを取得できるため、ソフトウェアと、すぐに使用を開始するために必要なトレーニング、エキスパートサービス、カスタムメンタリングを利用できます。

CPU
Intel PentiumまたはAMDプロセッサ 1.0 GHz以上MicroStationはSSEをサポートしていないCPUではサポートされていません2

OS:
Windows 10、Windows 8。1, Windows Server 2016 (64 bit), Windows Server 2012 R2 (64 bit)

仮想化環境
Citrix XenApp 7.15 64ビット (Windows Server 2012 R2

メモリ:
4GB以上、16GB推奨。

ハードディスク空き容量:
最小 25 GB、最大 40 GB (コンパニオン機能やコンパニオン製品などの追加インストールに応じて)

接続
一部機能の使用や必須ソフトウェアのインストールにはインターネット接続が必要です。

最新のシステム要件については、Bentleyコミュニティを参照してください。

 

ライセンスとサブスクリプション

最適なプランを選んでください

トレーニング付き1年間ライセンス

Virtuosoサブスクリプション – 中小企業に人気の選択肢

トレーニング付きのソフトウェアにすばやくアクセス!BentleyのオンラインショップであるVirtuosityは、低額の初期費用でBentleyソフトウェアの12か月間ライセンスをリースできる便利な方法を提供します。Virtuosityでオンライン購入すると、トレーニングおよび自動更新を含むVirtuoso Subscriptionとして提供されます。

ご契約の必要なく、すぐにお使いいただけます。

今すぐ購入

サポート付きワンタイム購入

SELECT永久ライセンス

1回限りの購入で年間保守サブスクリプションが付属する、SELECTと呼ばれる永久ライセンスを提供します。この契約には、24時間365日の技術サポート、学習リソース、および年に一度の他のソフトウェアとのライセンス交換が含まれます。SELECTを利用することにより、以下のようなメリットが得られます。

  • ライセンスプールにより、複数のコンピュータからソフトウェアにアクセスできます。
  • 永久ライセンスを購入するための初期費用なしに、使用した分だけ支払うことができる期間ライセンスで、追加のBentleyソフトウェアにアクセスできます。

年間更新の見積もりは、お客様のメールに直接送付されます。経験豊富な担当者が、お客様の質問にお答えし、変更に関するご希望を対応します。

お問い合わせ

エンタープライズ組織

私たちはお客様を全力で応援します。

詳細な要件を持つ大規模な組織向けに、グローバルの価格設定と、包括的なソリューションポートフォリオおよびサクセスプランサービスへのアクセスを提供しています。ソフトウェア、グローバルの成功事例、導入サービス、トレーニング、テクニカルサポートを活用し、お客様独自のニーズに対応しながら、組織のポテンシャルを最大限に引き出す方法については、お問い合わせください。

お問い合わせ

都市システムの2Dおよび3D資産の文書作成とモデル化