Bentley Systemsのロゴ 黒
ホーム / 2022
戻る

2022年の事例

以下の 2022 事例では、Bentleyユーザーが作業中のインフラストラクチャプロジェクトを通じて国連SDGsへの取り組みにどのように貢献しているかをご覧ください。これらの事例は、持続可能性のトレンドごとに整理されており、ユーザーが経済と環境の両方をどのように維持しているかを示す多くのプロジェクトをナビゲートするのに役立ちます。

アイコン ESDGの動向 気候変動

 

緩和と適応

世界の人口の85%がすでに気候変動に直接関連する事象の影響を受けています。

国連の専門家によって「世界がこれまでに経験した中で最大、かつ最も蔓延している脅威」と見なされている人為的な 2022 気候変動は、世界中の異常気象を増幅させ、干ばつ、洪水、山火事、熱波、食料不安の悪化につながりました。 

2030年までに、気温上昇を1.5°Cに抑制するとしているシナリオでは、世界の人口のほぼ半分が、熱波、干ばつ、洪水、または水ストレスに関連する気候ハザードにさらされる割合が、今後10年間で現在の 43%からに上昇する可能性があります。

インフラ資産は、コミュニティの回復力を高めながら脱炭素化するために、並外れた適応と変更が必要です。

時間の経過とともに削減できる運用上の炭素排出量とは異なり、材料や建設により生じた具体化された炭素排出量は、インフラストラクチャ資産が構築されるとすぐに所定の位置で固定されます。具体化された炭素排出量は、全排出量の 57%に相当します。コンクリート、鉄鋼、アルミニウムのわずか3つの材料が、世界の排出量の 23%を占めています。より良い設計と材料の選択を通じて、具体化された炭素量が驚くほど削減できる可能性があります。

アイコンESDGトレンド循環性

 

グローバルな課題への取り組み

地球の資源は無限ではありません。廃棄物、水、材料の消費量を削減することは、私たちが克服しなければならない最も重要な社会的課題の1つです。

現在の経済では、私たちは地球から材料を取り、それらから製品を作り、最終的にはそれらを廃棄物として捨てます–これは直線的なプロセスです。しかし、循環型経済、いわゆるサーキュラリティでは、第一に廃棄物の発生や資源の消費を回避し、効率を最大化し、資源を循環させ、自然を再生します。

サーキュラリティは、気候変動、生物多様性の損失、廃棄物、汚染などの地球規模の課題に取り組むシステムソリューションフレームワークです。この概念の適用により、製品、材料、リソース、およびインフラストラクチャの寿命が延びます。

サーキュラリティは、持続可能な未来のために最も求められている概念です。多くの組織はすでに、インフラストラクチャプロジェクトに革新的な循環型の原則を取り入れています。 

アイコン ESDGのトレンド エネルギー転換

 

エネルギー転換

世界的なエネルギー危機と政府の補助金は、エネルギー転換を加速させました。一部の専門家は、これらの要因により、予定より10年は前倒しとなった可能性があると言います。

低炭素エネルギー源への移行は、持続可能で手頃な価格の電力への普遍的なアクセスを確保するために重要です。今後10年間で削減する必要がある炭素の 50%以上は、産業およびエネルギー関連システムの脱炭素化に由来するものです。

_blank人に1人はいまだに電気を利用できません。 需要増に対応するため、今後もインフラストラクチャを継続して使用するための最も効果的な方法は、既存の低コストで成熟したテクノロジーを活用して短期間での勝利を追求することです。

エネルギー源の多様化が鍵となります。再生可能エネルギーの生産は、太陽光、地熱、風力、水力発電のすべての再生可能エネルギー源を組み合わせて加速し、世界に電力を供給するのに十分な低炭素エネルギーを生成する必要があります。

エネルギーを消費、生産、または分配するシステムの効率を高めることで、環境的対価や経済的対価を即座に創出します。エネルギー効率だけでも、 2040年までに削減が必要とされる排出量の 40%以上を占めています。

アイコン ESDGトレンド デジタルシティ

 

都市は温室効果ガス排出量の 60%以上を占めています。

わずか25の大都市が、世界の都市部の温室効果ガス排出量の 52%を生み出しています。彼らは同時に気候変動の影響の最大の要因であると同時に最大の犠牲者であるため、都市はそれに対処するための重要な動機を持っています。2050年までに、10,000 以上の都市はすでに炭素排出量を削減することを約束しています。

しかし、都市は他にも多くの重要な課題に直面しています。世界の都市人口のわずか50% が公共交通機関に便利にアクセスできますが、17 人が毎分大気汚染で亡くなっています。COVID-19 の破壊的な性質と新たな世界的な不確実性は、都市部が絶え間なく変化する予測不可能な未来に備える必要があることをはっきりと思い出させました。

都市が生活の質、健康、脱炭素化、気候レジリエンスのバランスをとるための解決策と技術を追求する必要があります。

都市はここにとどまり、人類の未来は間違いなく都市にありますが、大都市圏だけでなく、中小都市部も発展し続けます。

Celebrate Infrastructure Delivery & Performance Excellence

2024 Year in Infrastructure & Going Digital Awards

Nominate a project for the most prestigious awards in infrastructure! Extended deadline to enter is April 29th.